夜のお伽噺

アルのオリジナル小説置き場です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎮魂歌 前編


連休前の事務所に届いた、加納大輔からの葉書を手にした三枝裕之は、仕事場の住所が、どうして分かったのか不思議だったが、印刷された閉店の挨拶文に、店じまいする前に、どうしても一度会いたいと書き添えられた、見覚えのある加納の癖のある文字に、三枝の胸中は、懐かしさよりも、複雑な思いに支配された。
あれから、どのくらい経ったのだろう。あの頃のことは思い出の片隅に仕舞いこめるほどの歳月は過ぎていたが、加納大輔という名前に、いまだに心をざわつかせている自分がいることを三枝は認めるしかなかった。
三枝は加納からの葉書を玄関脇の下駄箱の上に他の郵便物と重ねて無造作に置き、葉書の存在を視界から遠ざけていたが、カレンダーが一枚捲られ、連休が過ぎ、加納の店の閉店が、日一日と差し迫ってくると、この機を逃すと、もう二度と加納とは会えないような、虫の知らせにも似た、妙な気分に襲われ始めていた。

しばらくぶりに降りた、中央線立川駅は都心のターミナルのようで、話には聞いてはいたが、駅前の変貌は、隔世の感があった。果たして店までたどり着けるだろうか、浦島太郎になった三枝は記憶の断片を繋ぎ合わせ、夜の繁華街の雑踏に迷って入った。
外壁こそ新しくなっていたが、見覚えのある雑居ビルの入り口に並んだ看板に、懐かしい店名を見つけ安堵した三枝は、年季の入ったエレベーターのボタンを押した。
まるで昭和に戻ったようなフロアーは、覚えのある店のほとんどが店名を変えてはいたが、狭い通路の一番奥に突き出た、加納の手彫りの看板は開店当時のままだった。

加納の店には開店祝いに、一度だけ顔を出したことしかなかった。客のほとんどは、地元で加納と繋がりのある者ばかりで、よそ者の三枝には、余り居心地のいいものではなかった。加納も不慣れから手を休める暇もなく、三枝は早々に引き上げた覚えがあった。
重ねて塗ったニスがひび割れ、タバコの脂で黄ばんだレースで目隠しされたガラス格子のドアの隙間から中を覗き込み、そっとドアを開けた。あの頃から時が止まったような薄暗い店内に立ち竦む三枝に、二人の男が同時に顔を向け、声を上げた。
「いらっしゃいませ!」
「いらっしゃい・・おう、三枝、よく来てくれた」
加納は、三枝の顔を覚えていた。カウンターの止まり木に腰掛けていた、加納と同じエプロンをした青年が三枝の名前を聞いて、驚いたように目を見張り、慌てて立ち上がると三枝に席を勧めた。

「しばらくぶりだな」
「本当にしばらくぶりですね。十年近くになりますか・・」
「いや、もっとだ。この店を始めて今年で十八年になるから。三枝、見ないうちに、ずいぶんオヤジになったな」
「加納さん、それはお互い様でしょう。店はあの頃と変わりませんが、加納さんだって人のことは言えませんよ」
もともと若白髪だった加納は、今では綺麗な白髪を後に撫で付けていた。
「ウィスキーでいいかな?」
「ええ」
カウンターに並べた二つのグラスに、加納は慣れた手つきで氷を砕き、琥珀色の液体を注ぎ、二人はグラスを小さくぶつけて、しばらくぶりの再会を祝った。年代物のステレオからは、加納の好きだったオーティスが流れていた。
「今もオーティスですか?」
「そうさ。色々浮気はしたが、後にも先にもオーティスしかいない。そう言えば、三枝はオーティスが嫌いだったよな?」
「良く覚えていますね」
「ああ、覚えているさ。あの頃酔っ払うと、お前、必ず絡んできたからな。この声のどこがいいんだって、今でも嫌いかい?」
「まあ、肌に合わないだけです」
「三枝、上手いこと言うようになったな。成長したな」
いい歳の取り方をしたのだろう、加納の笑顔は昔のままだった。

「加納さん、私の住所がよく分かりましたね?」
「何時だったか、新宿で小枝子にばったり会ってな。あいつも小母さんになってたけど、すぐに分かったよ。あの頃の面影が残っていたから。年頃の娘を連れて買い物の最中だった。昔の小枝子に似て綺麗な子だったよ。娘がいたから、お互い当たり障りのないことを立ち話したけれど、お前の話しになって」
「そうでしたか。小枝子さんでしたか・・もう、ずいぶん前ですが、板橋にある事務所の近所の商店街で、偶然会ったことがありました。実家が近くにあるって言ってました。そう言えば、一度仕事場に遊びに来ましたよ。固い職業の会社員と結婚したって、幸せそうでした。三枝君は相変わらずなのって言うから、応えようがなくて、笑って誤魔化しましたよ」
加納は三枝から視線を逸らし、意味ありげに小さく頷き、グラスを口にした。





三枝が加納と小枝子に知り合ったのは、世の中がバブル景気に浮かれていた頃だった。今はもう無いが、行きつけの楽器屋の店主の口利きで、三枝はあるバンドにスカウトされキーボードを弾くことになった。今では信じられないような話だが、毎日のようにパーティーやら、イベントの仕事が舞い込み、今日は赤坂、明日は六本木、新宿、さらには名の知れた会社の保養所がある地方まで出掛けて、休む暇さえなかった。
加納は別のバンドで唄っていた。背が高く、恵まれた体格の加納は声量も豊かで、並み居るバンドの中でも歌の上手さは右に出る者はいなかった。幼い頃から近所に住む米軍基地の子供と遊んでいた関係で、英語も達者だった。
何度か同じ仕事先で顔見知りになり、三枝は熱唱する加納の姿をステージの袖で独り見詰めていた。急病のピアニストの代演を頼まれたことがきっかけで、年齢こそ十歳近く離れてはいたが、意気投合した二人は、お互いの酒好きも手伝い、仕事がはねると、親分肌の加納は、三枝を舎弟のように連れまわし、明け方まで飲み歩いていた。
加納の行きつけの六本木のクラブで小枝子はホステスをしていた。日本人離れした容姿と社交的な性格で多く指名客を抱え、加納もその一人だった。どう言う訳か、加納たちが店に顔を出すと、指名客をほっぽり出して加納のテーブルに付き、仲睦まじく談笑する加納と小枝子に、三枝は二人ができていることを確信したが、二人には共通の別の顔を持っていたことなど、その時は知るよしもなかった。


あれは師走を控え、一年で一番忙しい時期のことだった。連日の徹夜で疲れ、泥のように眠っていた昼下がりに、加納からの電話で叩き起こされた三枝は、不機嫌な声で加納に応対した。聞けば、小枝子からのたっての頼みごとで、小枝子は、どうしても三枝にお願いしたいとのことだった。何度聞いても、頼みごとの中身は聞かせてくれなかったが、何時になく低身低頭な加納に絆され、三枝は渋々、小枝子が待つ赤坂のホテルに出掛けていった。
しかし、そこで三枝が見たものは、いまだに忘れられぬ光景だった。三枝を悩ませ、締め付けていた箍が音を立てて外れた瞬間だった。小枝子の足元に裸の男が緊縛され転がっていた。虚ろな目を宙に泳がせて、異常な興奮で全身を染めた男を見下ろした三枝は、身体の中で、沸きあがる欲望を隠すことができなかった。そんな三枝の昂りを、すぐに感じ取った小枝子は「やっぱり」と三枝の男色を見抜いていたようだった。
小枝子は「下にいるから」と、そそくさと部屋を出て行ってしまった。
残された三枝は事の成り行きが信じられず途方に暮れたが、転がる男の望むものが手に取るように分かっていた。思春期に或る男から男色を仕込まれた三枝は、羞恥心を嫌というほど煽られ、受けた苦痛を快楽に導く術を身体が覚えていた。三枝は、身体を強張らせた男の肌に手を這わせていった。嗚咽する男の唇で射精した三枝に、男は褒美を強請り、イミテーションの男性器で無理やり尻を塞がれた男の性器に周到な折檻を加え、焦らしに焦らした挙句、泣きながら懇願する男の激しい絶頂を導いた。男の上げる悲鳴が、噴出した熱い精液の滴りが、三枝の欲望の塊を溶解させ、沸騰させていった。



つづく。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nighttale.blog97.fc2.com/tb.php/93-73b69d94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。