夜のお伽噺

アルのオリジナル小説置き場です

チコ 8


暦の上では春を迎えたが、オフシーズンの雪が残る蓼科の林道は行き交う車も無かった。綴れ折の山道を慎重に登り、後部座席に座る芳村の指図で、見落としてしまいそうな小道に分け入り、高原の木立に囲まれた奥に、瀟洒な佇まいを見せる芳村の別荘はあった。芳村は、昨年から立ち上った新規プロジェクトに忙殺され、竣工した別荘の引渡しに時間が取れず、延期を繰り返した挙句、ささやかな休暇の時間を作った。
クルマの音で駆けつけた、改装を施工した建築家と、管理を頼んでいる地元の農家の夫妻の出迎えを受けた芳村は、竣工したばかりの別荘に満足げな表情を浮かべ、建築家に案内され邸宅の中に入って行った。トランクから出した手土産を恐縮の態で受け取った夫妻は、落ち着いたスーツ姿のチコに何度も頭を下げ、チコは内ポケットから名刺を抜き出し、夫妻に自己紹介した。
「はじめまして、『芳村ビルディング』の黒田と申します。芳村の秘書をしています。どうぞよろしくお願いいたします」
「芳村さんの秘書の方ですか、私は細野といいます。芳村さんとは、ご縁があって此処の管理を任されています。芳村さんは、いつもお一人でお越しになっていましたので、家内とちょっと驚いたのですけれど・・」
「そうですか、私は秘書になって、まだ間が無い者で、今日初めて此処まで運転手を務めてまいりました。よろしくお願いいたします」深々と頭を下げるチコに、細野も釣られて頭を下げた。

芳村との特殊な関係を持ったチコは、得体の知れない芳村に、自分の日常を脅かされることを懸念し、関係以外のことには、深入りすることを避けていた。しかし、芳村を取り巻く、想像を越えた大人の世界に、躊躇する間も与えられず足を踏み入れ、受けた刺激と誘惑は、チコが送る平凡な社会人としての模範を覆すものだった。さらには、芳村への服従に芽生えた淡い想いが、何時しか胸を焦がしはじめ、退職を決意した。若気の至りと言えば聞こえはいいが、熟慮した末の断行で、少々の蓄えと受け取る保険がチコの背中を後押した。チコは芳村に一度たりとも経済的なことを口に出すことはなかった。金で買われるような関係に身を落とすことが嫌だった。いつかは訪れる芳村との別れの退路、逃げ道を自から残しておきたかった。
チコの退職を妙子から聞かされた芳村は、チコを怒鳴りつけたが、自分にも少なからず非のあることは判っていた。芳村は諦めたように、チコに有無を言わさず、身の回りの世話を任せた。公私混同することの無いチコの振る舞いと、瞬時に場を読む勘のよさに感心した芳村は、私設秘書の肩書きを与え、自分でも大人気ないとは思ったが、黒田知永(くろだちはる)と名乗らせ、公の場所に連れまわすようになった。

「黒田さんお疲れでしょう、どうぞこちらに」芳村のバッグを両手に下げた細野は、チコを勝手口に案内した。真新しい調理器が備えられた調理場の奥の調理台を兼ねたテーブルに、細野はお茶の用意をし、小さな腰掛をチコに勧めた。細野の妻はリビングで談笑する芳村の接待に追われていた。
「こんなことを言っては失礼ですが、女性の方が運転してきたと、先ほど家内とびっくりしていました」
「よく間違えられます。もう慣れてしまっています」決まり悪そうに頭を掻きながら、笑みを浮かべる細野にチコは苦笑いした。この純朴な細野は、自分と芳村との特殊な関係を想像することさえ無いだろうとチコは思った。それでも芳村に仕えるようになったからには、誰にも関係を悟られることが無いように、改めて自分に言い聞かせた。


建築家と細野夫婦が引き上げ、チコは広いリビングに足を踏み入れた。一体何十畳あるのか見当もつかなかった。天井には真新しい太い梁が張り巡らされ、磨き上げられた天然木の床の匂いがした。珪藻土を平塗りした壁は、熟練した左官職人の仕事を窺わせた。早春の柔らかな陽射しが差し込む、南側一面の重厚なガラス戸の外にはウッドデッキのテラスが続き、その先には、除雪された、なだらかな斜面に森が広がっていた。背の高い黒檀の花器台に置かれた五連の見事な胡蝶蘭が建築家からの竣工祝いに飾られ、モダンなデザインの大きな鋳物のペレットストーブに火が灯り、リゾート気分をさらに高めた。淡いベージュ色の革のソファーセットだけが置かれた、何もない贅沢な空間は、まるで建築雑誌のグラビアを見ているようだった。芳村は寛いだ様子でソファーに身を沈めていた。
「素晴らしいです。言葉が見つかりません」
「そうか」余りに素っ気無い返答が芳村らしかった。





普段の生活から切り離れた場所で、非日常的な空間がそうさせるのか、宛がわれたホテルのシングルルームのような清楚な部屋のバスタブで、チコは高揚した気分で、何時になく念入りに身体の手入れを施した。新調した下着に柑橘のコロンを一吹きし、総レースのガードルと、拘束具のようなコルセットで身体を締め付け、鏡に映る自分の下着姿を見詰めた。初めは女性用の下着に、些かの抵抗があったチコだったが、芳村の気に入るような下着を身に纏い、決して表に出さない芳村の欲情を煽ることに、今では女性的な悦びを感じるまでになっていた。髪の毛を丁寧にブローして膨らませ、前髪を斜めに分けた。胸元を開けた、光沢のある白いシャツを羽織り、ヒップラインを強調させるような、細身のクロップトパンツに脚を通し、性別を曖昧にした。コップに注いだミネラルウォーターを飲み干し、静に湧き上がる微熱を鎮め、芳村の待つ寝室のドアをそっとノックした。

仄暗い芳村のプライベートな寝室は、厚手の遮光カーテンが引かれ、夜風に揺れる木立の音も聞こえず、静寂な夜の帳が落ちていた。ナイトテーブルに置かれた、件の美大生に彫らせた彫刻が、アンティークライトの薄明りに妖しい艶を浮き上がらせ、チコの気持ちをさらに煽動させた。チコは自分の性器を握られたような奇妙な錯覚に、股間が濡れるのが判った。

キングサイズの広いベッドの淵に腰掛ける芳村の前に立ち、チコはパンツのポケットに忍ばせておいた、黒革の手枷を取り出し、手首を後に回した。「くだらん真似をするな」と芳村は手枷を床に投げ捨て、チコはベッドの上に引き倒された。馬乗りになった芳村にシャツのボタンを外され、白い素肌に食い込むコルセットに芳村は眉を顰めたが、早くも興奮で息を荒げるチコの愚かな性癖に匙を投げ、腰に張り付くパンツを下ろした。ガードルの奥で息衝く性器の熱を手の平で感じ取った芳村は、「世話がやける」と悪態を吐き、乱暴にガードルをパンティーごと引き剥がし、パンティーから飛び出した、淫水で泡立つ性器に視線を絡めた。チコの発情が匂い立ち、芳村の熱い視線に、音を立てて血流が股間に流れ込み、みるみる勃起したチコの性器は包皮を反転させ、真っ赤に張り詰めた亀頭を芳村に晒した。

ガウンを脱ぎ捨てた芳村の引き締まった身体が、ベッドの上に投げ出したチコの肢体に陰を作り、逞しく勃起させた芳村の性器に劣情を刺激されたチコは、しばらくぶりの芳村との行為を待ちきれなかったように、芳村に背を向け、腰を浮かせ股間を開き、芳村の性器を誘った。冷たいゼリーの注入に身震いした身体を緩め、芳村の指を迎え入れた。
普段とは違う芳村の指の動きにチコは戸惑った。目的を達するための手段として、荒々しく、責めるような指使いではなかった。芳村から初めて受けた、愛撫と呼ぶにふさわしい、愛に満ちた優しさが身体の奥で蠢いた。気を許せば容赦無い疼きに、すぐにでもエクスタシーを迎えてしまいそうな、激しく昂る身体をシーツ握り締めて押さえつけ、乾いた唇を噛み締め、艶めく溜息を殺した。全身を大きく波打たせ、身悶えるチコを抱え込んだ芳村は脚を絡め、淫水を滴らせるチコの性器に自分の性器を擦り合わせ、チコの火照る耳朶に囁いた
「どうしたチコ?」
「判りません・・今夜の芳村さんは意地悪いです」掠れた声をチコは洩らした。
「意地が悪い?」
「いつものように乱暴にしてください・・手を縛って身体を押さえつけて・・でなければ、もう我慢ができません」
「チコ、何が我慢できない?」
「意地悪です芳村さん、もう逝きそうです・・」

息を上げる、チコのたおやかな身体をベッドの真ん中で二つ折りにした芳村は、上を向いたチコの恥部に腰を割り込ませ、開いたチコの花弁を痛めないように指を添えた。滑らかな亀頭が、慎重にチコの花弁に隠れ、太く硬い陰茎が、長く切ない呻き声を上げたチコの恥部の奥深くに、ゆっくりと沈み込んだ。芳村はチコの背中に手を回し、きつく締め付けたコルセットを外し汗ばんだ素肌を撫で上げ、チコの小さな乳首に唇を寄せた。甘く遣る瀬無い刺激が身体の芯を駆け巡り、チコは乱れに乱れた。自分の欲望を最優先させる芳村のサディスティックな行為に馴染んだ身体が、今夜の芳村の愛情溢れる行為に、チコは混乱した。芳村の絶頂を先に受け止め、芳村の許しを得て、迎えるエクスタシーが、早くもチコの惑乱した身体を追い立てた。
「よしむらさん、だめです。逝ってください」
無言で身体を深く繋げたまま、動かない芳村を煽るように、チコは自ら恥部を蠕動させたが、逆に引き返すことの出来ない頂が、すぐそこまで迫り、囈言を口走った。
「おねがい、いって・・おねがい、ああっ、いっちゃいます、いっちゃう!」

全身が仰け反り、チコは自由になる両手で初めて芳村の身体にしがみ付いた。激しいエクスタシーが下腹に飛び散り、芳村の性器をさらに奥深くに吸い込み締め付け、芳村は戦慄くチコをきつく抱え込んだ。芳村の痺れる抽出に堪らず、二度目のエクスタシーに襲われ、チコが吐き出した濃厚な精が脇腹からシーツに垂れた。芳村は大きく胸を上下させ、「うっ」と短い絶頂の呻きを上げ、チコの身体の一番奥に精を注ぎ込み、振り乱したチコの髪の毛を優しく撫で、興奮で乾ききった唇に潤いを与えるように唇を重ねた。チコは初めて体験した、同性同士の慈愛溢れる性行為に、芳村への愛を胸の奥で呟き、一筋の涙が頬を伝わった。


腕の中で微睡むチコの細い首に、芳村は枕の下に隠していた十字架のペンダントを嵌めた。冷たいペンダントの感触が、汗ばむ胸に心地よかったが、芳村との関係は、もう後戻りできないことは判っていた。愛する芳村に絶対の服従を誓うことに、何の迷いも恐れも無かった。また燻りだした欲望の許しを請うチコに、呆れた芳村だったが、チコの身体を丸くさせると、背中から覆い被さり、首から垂れた十字架をベッドの上で振り子のように揺らせた。

明け方、芳村のベッドを抜け出したチコは部屋に戻り、疲労した身体をバスタブに沈めた。
真っ白に輝く一粒のダイヤが埋め込まれた十字架を汚すことを躊躇い、首の後ろの留具を外した。妙子のペンダントと同じように「obey」と服従の文字が彫られていると疑わなかった、ブランドマークのスクラプの裏には、何も彫られていなかった。激しく感情を揺すぶられたチコは嗚咽を漏らし、溢れる涙を止めることが出来なかった。



しばらくぶりに「チコ」を書き上げることが出来ましたが、かなり甘いお話になってしまいました。お許しください。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nighttale.blog97.fc2.com/tb.php/92-f08c4a6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad