夜のお伽噺

アルのオリジナル小説置き場です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アル式デトックス

例年になく、寒い日が続いておりますが、親愛なる読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。
暖房器の前を陣取り、外出を躊躇う私の体内には、妄想の毒素?が溜まり、身体に変調をきたしております。ひとり身悶える(笑)私は、妄想を活字に起こすことで、体内に溜まった有毒な妄想物質を排出する方法が閃きました! 題して「アル式デトックスで淫蕩な妄想に負けるな!」オギノ式ではありません、お間違いなく。

ストーリーも何も全くない、ただヤル(失礼)だけのお話ですが、アル式デトックスにお付き合い下されば、清く正しく美しいボディーが蘇ることでしょう。



特別な夜のために用意してくれた、見たこともない薄い下着を身に纏い、僕はベッドに呼ばれた。髪留めで伸びた髪を後ろで纏めてもらい、女の子のような髪型になった僕に目を細める男の熱情の微笑が、ときめく僕の背中を押した。これからの二人の行為が 淫靡で禁断であることを理解しながらも抗う事など出来なかった。
「可愛いよ」
「おいで」
男の言葉も今夜の僕にはいつも以上に心地よく、僕は頷きベッドに寝そべった。微熱を帯びた身体に心地よい糊の利いたシーツの肌触り、男の腕に包まれ目を閉じ、唇をねだった。柔らかな舌を絡め吸い合い、蕩けるような口付けに甘い溜息を男の口の中に吐いた。チュールの肌着から透けた僕の乳首に誘われたように、男は小さなボタンをひとつ、またひとつと勿体つけるように外し、肌蹴た胸に男の指が触れ、張り詰めた身体がびくんと跳ねた。
爪先で引っ掻かれていた乳首に、男の生温い唇が重なり、濡れた感触に、言葉にならない声を噛み殺した。硬くなった乳首を尖らせた唇で吸われ、遣る瀬無い刺激で背筋の震えが止まらない。喘ぐ僕のわき腹を宥めるようにゆっくりと撫でられ、粟立つ興奮に男の腕の中で身悶えるしかなかった。



男は身体の繋がりを求めることはなかった。真夜中のコンビニで密に買った下着に脚を通し、ベッドの上に仰向けになると、乳首や膨らんだ股間を撫で回し、オナニーに耽る僕を、男は自分の股間を弄りながら見詰める。
突起させた乳首を摘み、小さな下着の中で存在感を増すペニスを抓り、男の興奮を煽る。男の言いつけに従い、何度も脱いでは穿いた下着はすっかり濡れてしまい、男の許しが下りると、丸まった下着を足首から抜き去り、濡れそぼるペニスを男に見せる。溢れ出た淫水が手入れした陰毛を黒光りさせ、お尻まで濡れるのが判った。性器にコンプレックスを持つ僕を揶揄することはなく、「可憐な蕾みのようだ」と悦ぶ男が嬉しくて、露出した真っ赤な亀頭に指を伸ばす。
「もう、逝きそうです・・」と切なく告げると、男に脈打つペニスを扱かれ、僕は大きな声で喘ぎ、激しく悶えてベッドを軋ませ、男の手で射精する。精液が派手に飛び散り、男は僕が力尽きるまで扱き続け、満足したような笑みを僕に向ける。

紅潮した頬を伝う随喜の涙を拭った僕は、ベッドの上で膝立ちする男の腰に抱き付き、透明な雫を垂らす男のペニスを唇と指で夢中で愛撫する。咽返る男の欲情の匂いに理性を無くし、喉の奥まで吸引した反り返るペニスに涎を垂らし、息を荒げる男の射精を導いた。オナニーとはちがう、羞恥をともなうめくるめく快楽。同じ器官を持つ者同士が許された秘密の愉悦に溺れた。

それでも、日増しに膨らむ男への想い、あんなに感じているのに、僕を求めようとしない男の真意に悩まされ、疑いに嫉妬した僕は、凶暴な男の性器を模したディルドを刺した画像を添付し、求愛のメールを送った。眠れない夜を幾晩か過ごし、届いた男からの返信に僕の胸は震えた。


大切な君を壊したくなかった・・本当は君が欲しくて、欲しくて・・




アル式デトックスいかがでしょうか? えっ、中途半端だ?
効果は人それぞれですが、「続けてみたい」「続けろ!」という奇特な読者の方が沢山いらっしゃれば嬉しいんですが・・・


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nighttale.blog97.fc2.com/tb.php/89-154e75c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。