夜のお伽噺

アルのオリジナル小説置き場です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルームシェア 4

湯煙が立ち込める、薄暗い大浴場は、湯がこんこんと湧き出し、大きな湯船に溢れていた。レンは誰も居ない広々とした温泉に、ケイと一緒に入ることが嬉しくて、子供のように浮かれ、飛び込んだ。
泡立つ湯に伸ばした身体が勢い余り、顔まで沈み、慌てて湯船の真ん中で胡坐をかき、苦笑いした。大名気分とはこういうことを言うのだろう、贅沢な気分に浸っていた。
しばらくして、重いガラス戸が開き、洗い場で掛け湯したケイは、タオルで身体を隠し、レンから離れて湯船に浸った。

ケイはレンの視線を避けるように顔を逸らせ、顔を見合わせることはなかった。二人の間に気まずい雰囲気が漂い、それに耐えかねたレンは、当たり前のように股間を隠すことなく立ち上がり、湯船の中で膝を抱え、身体を丸めたケイの脇に身体を沈めた。
共同生活を始めて、レンもケイも入浴後、下着姿で家の中を歩き回ることはなかった。
「裸のつきあい」とは、一緒に風呂に入ることでも、裸を見せることでもないことは、レンも知っていた。
お互いの素顔を見せて本音で語り合うことだと、知ってはいたが、昨年の夏休み、同じ科の仲間とこの温泉に入り、ふざけ合い、笑い転げ、仲間同士の親交を得たように、ケイとの友情がより深まることを期待していた。

「ケイ、いい湯だろ?」
「……」
ふて腐れたように顎まで湯に浸かったケイは、返事をすることはなかった。
レンは温泉に無理やり誘ったことを少し後悔した。
「ケイ、ごめん。やっぱり温泉はだめか……」
「ううん、レンさん。僕、どうしたらいいのか……レンさんに嫌われたくない。だけど、だけど、レンさん、判んない!」
自分の考えと、今夜の成り行きに錯乱したケイは突然、湯船から逃げるように立ち上がり、足を滑らせた。
レンは咄嗟に腕を延ばし、バランスを崩したケイを支え、思わず目にした、背中の幾筋もの蚯蚓腫にたじろいだ。
「ケイ、お前……」
「こんな酷い身体、大好きなレンさんに見せたくなかった」
レンを押しのけようとするケイをレンは抱え込んだ。背中にそっと触れ、痛々しい傷を労わるように擦る、レンの思い遣りと優しさに、ケイの動きが止まった。
思ってもいなかったケイの言葉にレンは狼狽えたが、ケイを裏切り、傷つけた男への激しい憎悪、健気なケイを夢中にさせた男への強い嫉妬、そして心の奥で膨らみ続ける、言葉に出来ない気持ちは、友情を越えたものであることをレンは認めた。

「――ケイ」
「俺も好きだ」
レンの腕に力が篭り、ケイを抱き締め、レンの告白にケイはレンにしがみ付いた。
ケイの股間がレンの身体に触れたが、レンは嫌ではなかった。濡れた髪、潤んだ瞳でレンを見詰める、ケイの表情が和らいだ。
レンはケイの頬に唇を当て、小さな唇に重ねた。レンは生まれて初めての口付けが同性であることに抵抗など無かった。
人を敬愛し好きになる、初めて恋愛感情が湧いた相手がケイで、どういう訳か、同性だっただけのこと、先のことなど、何も考えることはなかった。
今の自分の正直な気持ちがそうさせていた。
背中を擦っていたレンの手が、本能の導きに誘われ、細い腰に腕を廻し、躊躇いがちにケイの尻臀を撫でた。
レンの手が触れるや、驚いたように尻臀を強張らせさせたが、すぐに安心したように筋肉が弛緩した。
少女の尻を思わせる、丸く小さな形、滑らかな肌触り、柔らかな肌の弾力がレンの本能を刺激した。

「ケイ、逆上せそうだ」
レンは昂る身体をケイに悟られることが恥ずかしかった。ケイを屈辱するような気がした。心残りを引きずるように、汗だくの二人の肌がゆっくりと離れた。



誰も入ってくることはないとはいえ、公然たる湯船の中での抱擁を気にしてか、レンとケイは、照れ臭そうに背中合わせで身体を拭き、脱衣所を出た。
それでも、各階を通過して停まらない狭いエレベーターの中で、ケイの指先がレンの指に触れると、レンはケイの手を握り、そのままぐっと引き寄せた。ケイもレンの手を握り返し、二人の想いを確かめ合った。

二人だけの温泉旅行の気分に浸り、レンの心を惹きつけたくて、和室の客間に用意してあった、松菱柄の浴衣に着替えたケイは、応接間で待つレンに、普段とは違う艶やかな表情を向けた。
男性、女性用の区別のない浴衣がそうさせるのか、兵児帯を蝶結びにした、少女のような着こなしがそうさせるのか、浴衣姿のケイは、中性的な雰囲気を醸し出していた。
そんなケイの隠されていた一面に見惚れたレンは、本能の疼きに耐えた。
ケイに促され、和室でTシャツとジーンズを脱ぎ、ケイはレンの後に回って着替えを手伝い、馴れた手つきで角帯を貝の口に結んだ。その見事な結ぶ目にレンは驚きの声を上げた。
「ケイは何でも出来るんだね。料理はもちろんだし、浴衣の帯まで結べて」
「僕は、こういうことに興味があって、好きなだけ。料理も、着付けも」
「でも、女みたいな奴だって、からかわれて、虐めら……」
レンはケイを引き寄せ、言葉を遮るように優しく唇を塞いだ。含羞むケイの笑顔が嬉しかった。

レンに手を引かれて、ベランダに出た二人は、秋の夜の穏やかな海風に当たり、温泉の火照りを鎮めた。
海岸沿いの国道は走る車もなく、静まり返った夜の港は、東京では見ることがない、星屑を散りばめた夜空が広がっていた。
いさり火だろうか、遠い岬の先で揺れる小さな光を指差し、二人は見詰めた。
「レンさん、ありがとう。こんな僕を旅行に誘ってくれて」
「俺も、ケイとこうしていられることが、嬉しい」
「よかった……」
しな垂れてきたケイの肩を溢れる思いで抱きしめた。


口に出せない二人の思惑と願いで、今夜は客間に布団を並べて敷いた。
逸る気持ちで電気を消して二人は横になり、微かに聞こえる虫の鳴き声に耳を澄ませた。
お互いの吐息が、二人の興奮を煽り、どうしたらいいのか、戸惑いを隠せないレンは、何度も寝返りを打った。そのいじらしい寝姿に、狂おしいまでに胸を焦がすケイは、身体を起こした。
「――レンさん、そっちにいってもいい?」
「ケイ!」
自分の名前を呼ぶ、レンの感情の昂ぶりが伝わり、ケイは抑えようのない衝動に駆られ、レンに覆い被さり、二人は抱き合った。
「好きです、好き、好き、大好き」
唇を優しく重ねるだけの口付けが、強く押し付け合う熱い口付けに変わり、友情を情愛に変えた二人は、深い口付けを求めた。
重ねた唇を開き、お互いの舌を絡め合い、溢れる唾液をケイが啜ると、レンも真似した。
濡れた瞳で懇願するケイに頷き、布団の上に身体を投げ出したレンは、ケイに帯を解かれ、はだけたレンの胸に、ケイはそっと唇を当てた。
あっ、と短い声を上げ、びくんと跳ねた、レンの熱い身体を唇で押さえ、わき腹から滑らせた手で、へこんだ下腹を愛撫し、伸ばした指先をトランクスの隙間から股間に差し入れた。
下着の中で、もうすでに腫れぼったくなっているレンの性器に指を絡ませた。ケイの手の中でみるみる勃起したレンの陰茎は、身体のどこよりも熱かった。

ケイは密かに憬れていたことが、今夜、現実になったことに身も心も震えた。


続く。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nighttale.blog97.fc2.com/tb.php/77-20bc1014
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。