夜のお伽噺

アルのオリジナル小説置き場です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴール

気ばかり急いて一向に進まない。呼び出しのメールがキックオフまで30分を切った。救いなのは、これが小川課長と出来る最後の仕事ということだろうか。52歳独身。素晴らしく有能であるわけでもなく、弁が立つわけでもない、ただの小父さん。勤続30年の最後のご奉公か、来週には浜松に栄転?が決まっている。先週末行われた送別会。女子社員から受け取った花束に感極まっていた小川課長。朴訥な別れの挨拶に誰もが貰い泣きしそうだった。
「吉田君、後は私がやるからから、早く帰えりなさい」
「悪かったね、私のミスで晩くまで残業させて」
「さあ、帰えった、始まっちゃうよ」

部屋を駆け下り、車道に飛び出して、無理やりタクシーを止め、仲間の待つスポーツバーへ急いだ。カウンターに陣取るサムライブルーのユニフォームの仲間と、遅れたお詫びのハイタッチ、急いでトイレでスーツをユニファームに着替えた。運命のゲームはすでに始まっていた。
もし日本が勝ったら・・
神様のお導か、結果は僅差で日本の勝ち。勝利の喜びと興奮で大騒ぎする店をそっと抜け出し、コンビニの前でタクシーを拾った。

守衛のおじさんは僕のユニフォーム姿に驚いたが、首から提げた社員章に苦笑いし、ゲームの結果を聞いて大いに喜んだ。非常灯だけの暗い廊下を抜け、静かに部屋のドアを開けた。蛍光灯を消した暗い部屋の窓際にデスクライトが一つだけ点り、小川課長がパソコンから顔を上げた。
「驚いた!吉田君どうした、忘れもの?」
「はい、大事なことを忘れて」
「君のその顔は勝ちましたね」
「1-0で日本が勝ちました」
「よかった」
小川さんはキーボードから手を上げ小さなガッツポーズを作った。僕はカバンから取り出した缶ビールを小川さんに手渡し、二人だけで真夜中の祝杯を上げた。

「本当に私は駄目な上司だったね。君には最後まで迷惑かけて、飛ぶ鳥、後を濁すだね」
「いいえ、そんなこと」
「手伝いましょう」
「もう済んだから心配要らないよ」
「でも・・」打ちかけの画面に目を向けた。
「ああ、これ・・実は君への手紙」
「えっ、僕にですか?」
「口下手で上手く云えなくて」
「見てもいいですか?」
「まあ、今夜みたいなことはもう無いだろうから」
小川さんは眼鏡を外し、よろりと立ち上がると、外を覗き見するようにブラインドを少し押し下げ、背中を向けた。



君がこの課に配属されて、もう4年が経ちますね。早いものです。
はじめは学生気分が抜けない子供のようで何度か叱ったこともありましたが、
素直な君は膨れることも無く私の元でよくがんばってくれました。
仕事に慣れた今では有能な部下となり、私は君に何度助けられたことか。
感謝しています。

君は信頼がおける部下であり、時には私の息子のようでした。
真摯に仕事に取り組む姿と君の笑顔。
最後に私は上司として有るまじき、特別な想いで君を見詰めていたことを白状します。
許してください。
今、会社は君を必要としています。期待に応えてください。
身体に気をつけて。
                              小川義夫
吉田 礼 様

画面の文字が霞んだ。「特別な想い・・」僕は課長の椅子に座ったまま動くことが出来なかった。
「小川さん・・」
「昨日までは日本が勝ったら・・」
「勝ったら・・と決めていました」
「でも今日になって勝っても負けてもって・・」
「もし、今夜まだ会社に居らしたら」
「気持ちを告げようと・・」
「居てくれたらいいと・・」
「飛んで戻ってきました」

「吉田君、君の気持ちは何となく分かっていましたよ」
「私も同じだった。でもそれは・・」
僕は小川さんの哀愁を感じる背中に抱き付き、顔を埋めた。
「吉田君!」
「小川さん、許してください」
「僕の気持ちは・・どうしても、どうしても抑えることが・・」
小川さんの震えが頬に伝わり、長く患っていた小川さんへの恋心を白状した。
振り向きざまに抱き締められ、小川さんの腕の中で力を無くした僕は、俯く顔を引き寄せられ眼を閉じた。そっと触れた唇。想いを告げた興奮に、夢中で重ねた唇、慰めを欲しがる心と身体。言葉はもう要らなかった。


それからどうやって小川さんの部屋に行ったのか、覚えているのはタクシーの中で、しな垂れた身体を抱えられ、握り合った手の感触。引越しで散らかった、暗い部屋の隅に置かれたベッドの上に、僕は身体を投げ出した。
唇をはみ、行き場をなくした舌を絡め、溢れる唾液を吸われ、狂おしいばかりの深い口付けに息を荒げた。ユニフォームの裾を捲くられ、乳首に這う小川さんの熱い唇と柔らかな指先。遣る瀬無い刺激で、呻き声を漏らし、背中を反らせた。後戻りできない欲情が腰をくねらせ、待ちきれない愛撫をせがみ、トランクスを脱がせてもらった。
今夜のために新調した純白の小さなショーツに息を呑む、小川さんの静かな興奮が、僕を益々昂らせた。恥ずかしいほど股間を汚した、僕の想いに何度も詫びる、小川さんの滑らかな愛撫に翻弄され、悶える身体。小川さんの願いに小さく頷き、腰を浮かせ、張り付いたショーツを下ろしてもらった。短く切り揃えた陰毛を責めることなく、労わりの囁きに、胸が詰った。濡れた包皮を反転させ、真っ赤に膨らんだ、我慢できないと脈打つ性器に小川さんの指が絡み、拡げた両脚の間で正座し、身体を屈めた小川さんの唇が、性器を呑み込んだ。想像以上の甘く淫靡な刺激に思わず声を上げ、火照った顔を両手で覆った。周到な唇の愛撫に弱音を吐いた僕を気遣うように、性器から離れた唇が、しこった陰嚢を何度も甘噛みし、言われた通りに折り曲げた両膝を持ち上げられ、上を向いた肛門に小川さんの唇が重なった。思ってもいなかった行為に、逃げ惑う下半身を抱え込まれ、小川さんの尖らせた舌の鋭さに慄き、硬直した全身を優しく叱られた。その悩ましい行為が呼び起こす、異常な快感に逆らうことが出来なかった僕は、小川さんの指が性器に触れるや否や、切羽詰った絶頂をうわ言のように繰り返し、小川さんの両肩を握り締め、全身を弾ませ、激しい絶頂を迸らせた。
そして、額まで飛ばした精液を恥ずかしがる僕は、汗ばんだ身体を優しく抱きすくめられ、小川さんの言葉に癒され、はじまったばかりの、二人だけの長い夜を熱望する小川さんに、僕は微笑み、照れ臭そうな顔を向ける、小川さんのシャツのボタンに指を掛け、小川さんの悦喜する姿を切望した。


オリンピック応援記念に。加筆編集しました。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

よろしくお願いします

初めてコメントを書き込みさせて頂きます。

私のブログへのコメントの書き込みとリンクをありがとうございました。
私の方からもリンクをさせて頂きました。
今後とも宜しくお願い致します。

  • 2012/07/29(日) 13:59:36 |
  • URL |
  • 亜菜瑠 #-
  • [ 編集 ]

Re: よろしくお願いします

亜菜瑠さん コメントありがとうございます。

リンクしていただき、重ねてお礼申し上げます。

こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。

  • 2012/07/29(日) 17:13:20 |
  • URL |
  • アル #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nighttale.blog97.fc2.com/tb.php/71-efa16c63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。