夜のお伽噺

アルのオリジナル小説置き場です

チコ 6

新宿の路地裏の喫茶店で、初めてチコと会った。その日すぐに、私と関係を結ぶことを覚悟していたのだろう、ふてくされた態度で、後ろめたい思いを誤魔化していた。少年のような顔立ちと少女のような素肌に惹かれたが、私の流儀で抱く気にはなれなかった。相原には呆れられているが、いつものように難題をふっかけ、私の性癖を理解させ、本気度を試した。私と愚かな交渉を持ちかける輩はいたが、ほとんど連絡をよこす者はいなかった。腕の中で喘ぐチコもその一人だろうと思っていた。縁が無かったと諦めていた矢先、届いた連絡は半信半疑だったが、実際に現れたチコは私の願望をくすぐるものだった。
だがチコは、まだ自分の姿に欲情することはないのは、私には分かっていた。しかしどうだろう、妙子のお節介があったとはいえ、変身を遂げたチコは、素の自分を封印するために、「拘束」を望むが、明らかに自分の姿に情欲の炎を燃やしている。

不自由なチコの身体を仰向けに転がし、足首に絡まる下着を投げ捨て、捩れた性器を握った。つぼみのような幼い性器は手の中でみるみる角度をつけ、包皮を反転させ、充血した亀頭を露出させた。
「妙子が欲しがるわけだ」
「チコ、妙子に見せたのか?」
首を激しく横に振った。
「そうか、まだか・・」
「今度見せてやらないと」
「この可愛いおちんちんを」
「嫌!」
手触りの良いニットを捲り上げ、胸に食い込む、パンティーとお揃いの黒いサテンのブラジャーを緩めた。荒い息で上下する小さな乳首。摘んだ指の間で、すぐに反応し、薄く開いた唇から切ない溜息をもらし、背中を反らせた。

私は汗ばんだ胸元に張り付き妖しく光る、妙子のダイヤの十字架を首から外した。ブランドマークのクラスプの裏に符丁のように「obey」と彫らせたペンダントをチコの鼻先で揺らした。
「チコ、このペンダントは」
「妙子が赤坂の場末に、初めて店を構えたとき」
「首にかけた」
眼を見開き、息を呑むチコ。
「妙子も罪なことをする」

何時になく濃厚な刺激を与え、絶頂への呼び水を溢れさせ、脈打つチコの性器にペンダントの鎖を幾重にも巻きつけ、窒息しそうに変色した亀頭を握り締めた。
「嫌」
「駄目です」
「妙子さんの預かり物」
「大事な御守だって」
「御守だと?」
「笑わせるな!」
「でも、でも」
「汚すわけには」
「眼を開けろ!」
「妙子の御守を」
「お前の精液で・・」
全身を戦慄かせ、戻ることのできない破裂しそうなチコの性器。
「許して」
「逝け!」
十字架を摘んで開いた亀頭の先端に強く押し付けた。
噛み締めた唇からな絶頂の叫びが漏れ、腰を何度も跳ね上げ、噴出した大量の精液でダイヤの輝きが消えた。
「いいぞ、チコ」
「いい子だ」
「チコ、いい子だ」

満足した私は、投げ出したチコの黒いペディキュアが光る足首を交差させ、身体を二つに折り曲げ、上を向いた息づく肛門に性器を充てがった。観念したようにチコは、顎を上げ口を開き、悲鳴混じりの長い息を吐き、私はへこんだ肛門に性器を埋め込んでいった。
髪を振り乱し眉間に皺をよせ、上ずる声を震わせ、痛みに耐える可愛いチコ。
「チコ、痛いか?」
「チコ、苦しいか?」
「よ、よしむらさん・・」
「チコのすべてが」
「あなた・・」
「あなたへの」
「服従です」
「チコ!」
「お前は、お前は!」
「このペンダントのこと」
「知っていたのか!」
「そうかチコ、それなら、妙子と仲良くしてやれ」
「いいなチコ、仲良くだぞ」

チコは同じ定めを背負った、あの頃のうぶな妙子のような悲痛な呻き声を絞り出し、私はチコの身体の奥深くに性器を沈め、隷属の契りに頬が緩んだ。



拙いお話はここまで。お付き合いに感謝いたします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nighttale.blog97.fc2.com/tb.php/63-ea36b972
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad