夜のお伽噺

アルのオリジナル小説置き場です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ソウル・トレイン」の思い出

ドン・コーネリアスという名前にピンとくる方は、少ないと思いますが、「ソウル・トレイン」というアメリカのテレビ番組を知っている方は多いと思いますし、そのテーマ曲を聞けば、「ああ、アレね」ってどなたもご存知だと思います。
そのアレの創設者で、番組で司会を務めたドン・コーネリアスの死亡記事を目にしました。75歳。ジジイと言えばジジイですが、老け込むにはまだ早く、人生の最終章で自ら命を絶つとは、大きな問題を抱えていたのでしょう。

ディスコブームの芽が吹き出し、スリー・ディグリーズという三人娘の曲が、ラジオのヒットチャートを賑やかしていた頃、日本で「ソウル・トレイン」の放映が始まったと思います。TBSテレビ、土曜日の午後11時30分からの30分番組で、私の記憶違いかも知れませんが、ロックコンサートの映像番組(番組名は思い出せません)と1週おきの放映だったと記憶しています。ディスコのダンスフロアーのようなスタジオで、本場のイカシたダンスとゲストのソウルシンガーの歌。ほとんどの歌手が口パクでしたが、まだ、ミュージックビデオなど無い時代でしたから、ミュージシャンの動く姿見たさに、テレビにかじりついておりました。

しかし、私のお目当ては番組だけではなくて、番組のコマーシャルもそうでした。スポンサーはJUNとROPEというブランドのお洋服屋さんで、その素晴らしいコマーシャルは、今でも鮮明に覚えております。アイビーファッションの雄、VANの二番煎じのように登場したJUN。アイビーファッションが廃れだし、ヒッピーファッションに変わり、そして、ヒッピーファッションが、ディスコブームの到来と同時に、ソウルファッションが流行り、スタイルがコッパンからジーンズ、ベルボトムがパンタロンスラックスに変わっていきました。アイビーに固執し凋落したVANを尻目に、変わり身早く、流行に乗ったJUN。女性服ブランドROPEを立ち上げ、オシャレさん御用達の洋服屋さんになっておりました。出来たばかりの新宿の地下街「サブナード」にショップがあり、私には値段が高くて、おいそれとは手が出せませんでしたが、よくひやかしに立ち寄りました。

今回、ブログ記事を書くにあたり、ダメもとでコマーシャルの映像を探してみましたが、なんと、まあ、驚いたことにYouTubeにアップされておりました。まだ、家庭用VTRは普及していない時代、どのような経緯にしろ、40年ちかく前の映像を見ることが出来た嬉しさに感激しております。


ファッション写真家、リチャード・アヴェドンによる“J&R”のコマーシャル映像

          







スポンサーサイト

コメント

Sencitive


少女の頃・・・
'70~’80代のCFには、リチャード・アドヴェン、デビット・ハミルトンなどのフォトグラファーを起用したCFを多く見かけていたようにも思います。
Fashionの世界もいろいろなその表現について試行錯誤と冒険があったようにも。
映画などの”3Dやサラウンド”にも感じるように映像表現や音楽も、そこにコケオドシはあっても表現力はどうも時代の進化やテクノロジーの発達はSenceとはシンクロしないようですし。

21世紀の今日では商業性とArtとの鬩ぎ合いの中での”SencitiveなCM”を見ることも少なくなりました。

そうそう、昔、銀座の並木通り裏に”ジュリアン・ソレル”という、J & R のアンテナ・キャフェ?があって、そこにMode系のFashionの女の子を眺めによく遊びに行ったことも思い出しました。

  • 2012/02/17(金) 09:15:02 |
  • URL |
  • ayaka #iTQPmBvY
  • [ 編集 ]

そうそう

SoulTrain

のことでした。

偶然、昨夜BS・NHKで”BS World News”を観ていたら、「SoulTrain」(アメリカでも90年代に放送は終了)と番組の司会者でもありプロデューサーでもあったドン・コーネリアスについての”New特集”を放送していて、改めて”SoulTrain”のBlackMusicに果たした役割の大きさを感じました。

「SoulTrain」
タイトルの語源が、当時ニューヨークやシカゴ、デトロイトなど労働者として黒人の人たちが多く住んでいた街を音楽で繋ぎたい。
そういう意味を込めて”Soul”を運ぶ”Train"という意味でドン・コーネリアスが名付けたことも知りました。

  • 2012/02/17(金) 09:24:15 |
  • URL |
  • ayaka #iTQPmBvY
  • [ 編集 ]

ayaka 様

コメントありがとうございます。
今のお洋服屋さんは、日本のタレントの起用して、身近なファッションブランドのイメージを
宣伝していますが、あの頃は、海外の有名モデル、写真家を起用してのイメージ戦略がほとんどでした。

ファッションは繰り返すとは言いますが、この映像は、今見ても古臭くないですねぇ。
まだ、円が1ドルが300円以上していた時代、相当コストが掛かったコマーシャルでしょう。

余談ですが、他のJ&Rのコマーシャルで、アルバムが発売して間もない、EL&Pの「展覧会の絵」の
1曲を使ったものがありますが、版権使用料にいくら使ったことやら・・

  • 2012/02/17(金) 12:16:12 |
  • URL |
  • アル #-
  • [ 編集 ]

ayaka 様

「Soul Train」のネーミングの由来はそうでしたか。

番組の最後に、ドン・コーネリアスが次回の予告で、SLYが登場することを告げ、見た覚えがあります。
バンド編成でしたが、口パクだったような・・

ともあれ、本場のダンスは目を見張るばかりでしたねぇ。あの頃私の知っていたディスコは、曲により決まりのステップがあり、皆、同じに踊っていました。曲は古いテンプスが人気でした。

  • 2012/02/17(金) 13:01:35 |
  • URL |
  • アル #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nighttale.blog97.fc2.com/tb.php/48-8009bde1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。