夜のお伽噺

アルのオリジナル小説置き場です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武蔵野奇談 「雨跡」

十一

礼一郎の身体から離れた真女子、雨水を溜めた皿に
礼一郎の血液が混ざる精液を垂らし筆で溶くと、
黒い手帳をシーツの上で開き、
礼一郎に見えるように礼一郎の母、「榎木淑子」の名前を書いた。

筆先を目で追っていた礼一郎は驚きの声を上げた。
「真女子さん!」
「なぜ、なぜ、母の名前を知っているのですか?」
「淑子」の文字は紙の上で朱色に変わりながら紙を溶かし、無くなった。

「真女子さん、貴女は・・」
「わたくしは浜田山でお世話になりました小太郎でございます」
「何!小太郎?」
ベッドから上半身を起こした礼一郎。
自分の身体が動く当たり前の感覚に安堵した礼一郎。
「まさか!」
「まさか!」
「では、尊母様は?」
「金太郎でございます」
「えっ!金太郎!」
「私は夢を、幻を見ているか・・」
「もう彼岸が明けます。間に合うことができました」
「礼一郎様に恩返しが出来て・・嬉しゅうございます」

大粒の涙をこぼす美しい真女子。
「礼一郎様、これでお別れでございます」
「わたくし、真女子は礼一郎様に優しくしていただき幸せでございました」
猫のように忍び足で後退りする真女子。
「真女子さん、いや、小太郎!」
「行かないでくれ!」
「礼一郎様、お元気で」


「真女子さん!」


静まり返った杏林大病院の集中治療室に礼一郎の叫び声が木霊した。
意識の戻った礼一郎のベッドに当直医が駆けつけ、
夜勤の婦長は急いで礼一郎の母親に連絡を取った。




十二

雨月が霞む東八道路を西に向う黒いジャガー。

「小太郎、これでよかったのかい?」
「礼一郎の旦那、お前のことが好きで好きでさ」
「お前だって、惚れていたんだろ」
「いいのよ、チコ。僕とは住む世界が違うもの」
「こっちに引っ張りこめばよかったのに」
「・・・」
「でもチコ、僕もお父さんも、彼のお母様の気が狂ったような姿を見るのは忍びなくて・・」
涙声に詰る小太郎。

「まあ、俺たち野良はお袋の顔も見たこと無いからな」
「ねえ、チコ」
「なんですか?」
「飛ばしてよ!」
「俺もそんな気分!」

信号で止まったジャガー、大きく屋根を膨らませると今度は空気が抜けたように
薄く平たく伸び、黒いフェラーリに変身した。
その一部始終を見ていた、隣に止まったタクシーの運転手の狐につままれたような顔に
真女子が投げキスすると、小太郎の悲しい叫び声のようにタイヤを鳴かせ、
爆音を轟かせながら猛スピードで走り去り、多磨霊園に消えた。




Tsのマイフレ、Mr.Dのリクエストに応えて

参考:雨月物語 「蛇性の婬」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nighttale.blog97.fc2.com/tb.php/23-14e35128
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。