夜のお伽噺

アルのオリジナル小説置き場です

レクターちゃん 10話


ぼんやりと壁に下がるカレンダーを眺めていました。美大に通う息子にと母が正月に帰省したおりに持たせてくれた静物画のカレンダーです。目で日付を戻ると、あれから四日たっていました。
突然姿を消してしまった阿川さんのことを片時も忘れることなどありませんでしたが、進路も決まらぬ不安と不満に音を上げそうになっていた矢先、連絡を予感していたわけではないし、心の準備ができていたわけでもありませんでした。

「遊びにいらっしゃい」という言葉は、普通に考えると社交辞令以外の何ものでもないはずでしたが、「うかがいます」という私の返事は、男と阿川さんの親密な関係の間では、自分の無力さを思い知らされ、蜜月が終わった現実を受け入れる意味合いが濃いものでした。嫉妬心から、阿川さんが男に抱きすくめられている幻想に迷い込んだ私に、諦めと未練が日が経つほどに自分自身に迫ってきました。
今週の土曜日――すべての経緯を知る携帯の主、一之瀬先生に会う覚悟を決めました。
それでも、その日が来ると私はまるで薬の切れた病人のように苦悶せざるをえませんでした。


深大寺に近い昔の武蔵野のなごりが偲ばれる屋敷の周りを古い大きな樹が囲み、立派な門構え、白壁に瓦屋根、お屋敷と呼べるほどの日本家屋が一之瀬先生のご自宅でした。
インターフォンに応えて私を迎え出たのは、(その時はまだ名前を知りませんでしたが)マツさんという屋敷に長く仕えるお手伝いさんでした。先生の客人とはいえ上がりかまちに膝をつき、孫のような私の前にスリッパを揃え、先に立って廊下を進みました。通されたのは瀟洒な日本庭園を見渡す応接間でした。
「藍澤君よく来てくれました」
「本日はお招きありがとうございます」
「少し痩せましたか?」
「――ええ…」
就職活動に精を出す仲間からは嘲笑されていましたが、伸びた髪に櫛を入れ無精ひげを剃り、少しこけた頬から私の苦悩を読み取った先生の顔には憐れみの表情が浮かんでしました。私は開口一番、阿川さんの消息を尋ねました。
「先生、阿川さんはこちらに居るのですか?」
「まあ、落ち着きなさい。君には残念だが、ここにはいない」
私は恋敵を睨むような険しい眼差しを先生に向けましたが、阿川さんが居ないこと知ると気落ちし、先生に救いを求める誘惑に負けていました。

「大学の仲間に、付き合っている子はいるのか聞かれて、いると答えました。どんな子?ときくから、年上で、聡明で、美しくて、よき理解者で、抱擁力があって…でも突然僕の前から消えてしまったと…」
「仲間はそんな子はいないって、そんな男の理想像のような子はいないって。お前妄想が過ぎると笑われて…」
「先生――阿川さんは、阿川さんはどこに行ってしまったのですか?」
溜息を吐きソファーに深く座りなおした先生は、落ち着きを無くした私に言葉を選ぶように語りました。
「阿川君の行動は戸惑うばかりだったと思います。理解できなかったと思います。非常識ともいえるかもしれん――でも阿川君にすればそれしかなかったのかと…」
「――それしかなかった?」
「彼は夢見ていた。二つの夢を」
「――夢ですか…」
「ひとつは、藍澤君、君との夢。もうひとつは自分の夢――しかし誰も二つの夢を同時に見ることは難しい。たとえ器用な阿川君でも…」


君に見せたいものがあると立ち上がった先生は、廊下の突き当たりにある先生の書斎に私を案内しました。鳳凰の絵柄をあしらった段通が敷きつめられ、黒檀の机と椅子が置かれた西洋間でした。先生は書棚に囲まれた壁に飾られた額を示しました。
それは――昔の中国の農村風景を描写した、阿川さんの居間に飾られていた切り絵と瓜二つのものでした。
「確かこの切り絵は…」
「阿川君の部屋にあるものと同じ切り絵です。作者は阿川君本人です」
「えっ、阿川さんが!」
はじめて阿川さんの部屋を訪れたとき、精密な出来栄えに見惚れた切り絵です。自分が作ったとはおくびにも出すことはなかった阿川さんに言葉を失いました。
「阿川君はこういった細かな、根気のいる制作に秀でた才能を持っています。彼は小さい頃から手先が器用で、絵を描くことも好きだったと」

「随分前になります。阿川君がまだ学生だった頃のことです。以前この部屋に飾ってあった切り絵、粗い細工の切り絵でしたが、彼は大層興味が惹かれたようで、しばらく貸してくれと――それから二、三ヶ月は経った頃でしょうか、完成したこの切り絵を持ってきました。彼は模倣しただけだと謙遜していましたが、私は彼の才能に驚きました」
「専門に勉強したらどうかと勧めましたが、現実的にそれは無理だと。それでも美術への興味は捨てられないようでした」
「何の縁がそうさせたのか、社会人になった彼は君の通う美大職員に臨時採用されました。美術、芸術を身近に触れる機会を得た彼は、美大生の創作へ真剣なの取り組みにも啓発されたようでした」

「預かっている作品があります。お見せしましょう」
西日の入り込んだ窓にカーテンを閉め、先生は書棚からF6サイズの画帳を取り出し、机の上に広げました。
パラフィン紙に挟まれたどこか見知った風景、美大の校舎、府中のケヤキ並木の鬱蒼とした葉陰、平石を積み上げた築地塀が続く深大寺の屋敷。着物の柄のような雲取りに藤の房と七宝と亀甲の古典柄の切り絵。残りの二枚は趣がまったく異なる、微細に接写した豊満な胸を包む黒いレースのブラジャー、股間を隠すレースの下着をトリミングした切り絵です。
阿川さんは独り黙々と切り絵の表現を模索しているようでした。

作品を凝視し出来栄えに感嘆した私は阿川さんの夢を理解しました。阿川さんは夢を追って、夢を掴むために旅立ってしまったことを悟りました。
それは私が見る夢でもあることは違いありません。描き夢を追い続けろと切り絵は無言で訴えかけてきました。胸に灯ったおぼろげな光明が、私の荒んでた心を穏やかなものにしていきました。



いとまごいした私に先生は阿川さんの部屋の鍵を手渡しました。帰りに阿川さんの部屋に寄るようにと。
どうして先生は阿川さんの携帯電話と自宅の鍵を預かっているのか、そしてなぜ私に部屋の鍵を渡したのか――先生の本意は分かりませんでしたが、私は自分でも説明のつかない衝動にかられ鍵を受け取っていました。


府中の森に湧き出した夕闇で、色彩を失った住宅街をぼんやりと歩いていました。自分の暗い部屋に帰るのはなんとも思いませんでしたが、阿川さんの部屋に行くのは寂しくてなりませんでした。
静かな昂りに背を押されるようにドアを開けました。はじめて告白したソファー、壁に掛かった阿川さんの切り絵、向かい合って食事したダイニングキッチン。主のいない部屋は最後の晩と何ひとつ変わってはいませんでした。阿川さんがどこかに隠れているような気がして、阿川さんの名を呼びかけながら閉まっているドアを開いていきました。洗面所、トイレ、納戸、そしてベッドルーム……

暗闇のベッドに腰掛け背中を丸めました。過ぎ去った月日が闇に浮かんでは消えていきます。「阿川さんとずっとうまくやっていたはずなのに…」口から出た呟きは唇を震わせるだけでした。
ベッドの脇に寂しく置かれた青磁の香炉を手に取り、阿川さんが二人の夜の約束事にしたように火を点しました。
身体が覚えた官能の香り、揺らぎ立つ香木の煙は阿川さんのたおやかな肢体のように身悶え、艶やかな夜の衣装を纏った妖しく濡れた瞳が誘い、幾夜の甘い睦事が蘇ります。

ふと思い立ち、何かに引き寄せられるようにクローゼットの扉を開けました。畳まれた一枚の羽衣が残されていました。巣を飛びだった阿川さんの抜け殻――いえそれは阿川さんが私との関係を拠りどころにした、私のために残してくれた唯ひとつの形見だと確信しました。
羽衣を抱きかかえた私は羽衣をベッドに横たえ、夢中で抱き締めました。かすかな残り香に捕らえられた私は、悩まし衣擦れの音に気を狂わせ、滑らかな素肌のような肌触りに、悲しさ、愛おしさ、寂しさを埋め込んでいきました。

あくる日未練を残し部屋を後にした私は、廊下を清掃する管理人を名乗る年配の男に呼び止められました。
「あなたが今度あの部屋に住まわれる方ですね?」
管理人の言葉の意味が分からず、返答に窮した私に「鍵を持っているからと」男は自信ありげに言いました。
「この鍵はある方から預かってきました」
「深大寺の一之瀬さんでしょ?」
「はいそうですが…ご存知ですか?」
「ご存知も何もこのマンションは一之瀬さんの持ち物ですよ。私は一之瀬さんに雇われてここの管理を任されています。一之瀬さんから、あたらしい住人が決まったからと連絡がありましてね」
「あたらしい住人!ですか?」
「そうです。一之瀬さんから鍵を渡されたのなら、あなたが住人ということですよ」
「あの部屋は一之瀬さんが芸術家の方たちを住まわせていましたから、あなたもそうなんでしょ?」
「私は美大生にすぎません。芸術家なんて名乗るのもおこがましいです」
私は強く否定しました。
「ほらやっぱり芸術を勉強している。私はあなたを見てすぐに分かりましたよ。みんな雰囲気が似ていますから」
「みんなって何人もあの部屋に住んでいたのですか?」
「ええ。一番初めは日本画の人、次が版画家で、あなたの前が切り絵の人」
「切り絵、あなたはご存知だった?」
「一度水周りの修繕に伺ったとき見事な切り絵が目に付いて、聞けば自分が作ったと言っていましたよ」
「その切り絵の人はどこに行ったか知っていますか?」
「さあ、プライベートなことは私には…一之瀬さんからは絵の勉強に出掛けたと聞いていますが…お知り合いでしたか?」


一之瀬先生の見えない糸で操られた私と阿川さんとの関係は、あの部屋を引継ぐことで途切れることはありませんでした。
先生から奥様を紹介された私は奥様に切望され、件の作品展に出品した二枚の線描画の一枚を奥様に差し上げました。奥様はその絵をご自分の人形制作のアトリエに、私がはじめて阿川さんを描いたデッサン画と並べて飾りました。
二枚の絵に微笑みかける奥様から、デッサン画の依頼主は一之瀬先生ではなく、阿川さん本人だったことを知らされました。別離の悲しみに暮れる奥様のために、阿川さんは自分で撮り溜めていた写真を私に託し絵を描かせた、私は阿川さんのもうひとつの秘密に納得しました。

奥様の創作する妖艶な人形の画集の依頼を引き受けた私は、先生のご自宅に頻繁に通い始めました。創作の糧を与えられた私は寂しさと不安を胸の奥に仕舞い、新たな創造の扉を目指し小さな一歩を踏み出しました。
そして奥様を交えた先生と阿川さんが築いた奇妙で濃艶な関係を、私は自ら進んで引き継ぐことになりました。

支えられた人形の虚ろな表情と熟れた紅色の唇に目を見開き、濡れた粘膜の擦れる淫靡な音色、羞恥と興奮で掠れた呻き声にうなされ、迎えた狂わんばかりの絶頂……
私は鏡の中で崩れる人形への嫉妬が治まることはありませんでした。




時間が持てず、一ヶ月ぶりの更新になってしまいました。
大変申し訳ありませんでした。
留守の間に訪れていただいた親愛なる読者の皆様、さらには拍手並びにランキングにご賛同していただいた皆様にお礼申し上げます。
ありがとうございます。



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

続きを書かずにこのまま逃げちゃうつもりなんだわっ!ひどいわっ!9話まで読んだのにい、きいーっ、もう来てやんないっ!と年増のババアみたいにヒスってた私でございますが、無事10話完成、胸をなでおろしております。
お時間のない中、ご苦労様でございました。
久しぶりのアップロードとあって、実に濃密かつボリュームある内容ですね。
うまくいえませんが、アートとセ〇クス(伏字でスイマセン、コメント投稿の規約に引っかかりました)の淫奔で背徳的な交錯が紙面から匂い立つようです。

だけどさ、だけど、阿川さん、わかるけどさ、せめて一言ぐらい何かあったっていいじゃないのよっ!って、読後に1人ぶつぶつ言ってる私は、ひょっとするともうオカマを通り越しておばはんという名の怪物になってるのかもしれません。
うーむ、作品にそぐわぬ下世話な読者で面目ないっ!

  • 2015/01/27(火) 20:02:41 |
  • URL |
  • ネジ #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ネジちゃん コメントありがとうございます。

> 続きを書かずにこのまま
エヘヘ、正解!グタグタしてたら、筆不精になっちゃって。
でも、お待ちいただいている読者を裏切ることなんて…

毎回産みの苦しみですが、今回はとくに難産で、出産まで時間が掛かりました。
長くかかった割りに、内容はなんだかお粗末で、スマン。

今回もエロがなくて、読者の皆様のご評価が気になります。
でも名文家ネジちゃんに喜んでいただけてうれしいです。

>阿川さん、わかるけどさ、せめて一言ぐらい
白状しちゃうと、阿川さんをどうするか、今回一番の悩みごとでした。
話を納得させるには、どうかと思いましたが、
いろいろ悩んで、関係を引きずらないようにバッサリと(笑)

しかし続きものは難しいです。
藍澤と美南のその後の展開、どうしましょうか…

  • 2015/01/27(火) 22:23:18 |
  • URL |
  • アル #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nighttale.blog97.fc2.com/tb.php/122-a0cc1558
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad