夜のお伽噺

アルのオリジナル小説置き場です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんみつ姫


小さなガス台と流しがついているだけの四畳半一間を占拠する炬燵に首までもぐり、座布団を枕にして、起きるとも寝るともなしに目を瞑っていた。ジュリのことを想っていた。
最初に誘ったのは向こうだったのか、私だったのか、もう覚えてはいない。覚えているのは、どことなく少女っぽい初々しい輪郭の失せない顔。触れると壊してしまいそうな華奢な身体。

愛情にさめたのではなく、私はジュリの繊細さに疲れていた。ジュリは愚かでもなくわがままでもなく、並はずれて繊細で聡明な男だった。
私の物言いや態度に、勘のいいジュリは関係の終わりを感じていたのだろう。私が愛しながらも持て余していることに気付いたのだ。

しばしばそうして二人で夜を過ごしたように、FMラジオを引き寄せ小さな音で聴いていると、覚えのあるメロディーが流れてきた。ジュリが好きな歌だった。
涙が盛り上がり頬を伝わっていく。ただジュリのことを想い、涙はジュリだけのために…
もしあの頃にかえることができたら、あの夜にもどることができたら、君を好きだと言いたい。

どんなに慰めても満たされない欲望、それを恥じる羞恥心。それでも…

「ジュリ…ジュリ…好きだ…ジュリ…ジュリ!」
「――雄二?」
「あーえっ?…ジュリ、お、お前…」
片目を開けた視線の先に、ドアのたたきに立つジュリの姿。
「雄二、なにやってんの?」
靴を履き捨て駆け込んできたジュリに炬燵布団を捲られた。
「いや~ん、もう!オナニーしてたの、涙流して」
「雄二ったら、もう…」
「だって、だってよ、ジュリと逢えなくて寂しくて、悲しくてよ…」
「バーカ、僕だって12月は忙しいのよ!――でも、僕のこと想ってくれてたから…」
「――ジュリ…」
「もう、早くチンコしまいなさいよ!雄二の好きな餡蜜買ってきたから食べよう」
「うん…」

それから私とジュリは、餡子より甘い唇を舐めあい、炬燵の中で蜜のように蕩けたジュリの身体を抱きしめ、尖らせた股間でお互いの想いを確かめ、私はジュリへの愛を誓った。




親愛なる読者の皆様、本年もご愛読いただきまして誠にありがとうございます。
宿題を残し心苦しい限りですが、来年もご贔屓のほどよろしくお願いいたします。 アル


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

アルさん、酒がきれないって言っておられたし、更新はないだろうなあ、と思いつつものぞいてみたら更新されてて驚きました。
だ・け・ど・・・・・v-238
なぜここで掌編なのですか!
次の展開が気になるのにい!

しかし餡蜜姫とはうまいタイトルですね。
なんて乙女チックな、と感心しました。
いや、乙女は誰一人として出てこないですが。
でも先生は心の中に乙女を飼っていらっしゃる。
読んで確信いたしました。
ちょっとエロい乙女ですけど。

  • 2014/12/26(金) 21:29:51 |
  • URL |
  • ネジ #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ネジちゃんコメントありがとうございます。

今年最後の忘年会が無事終わり、ただ今仕事場に戻ってまいりました。
仕事の付き合いとはいえ、例年になくお呼ばれが多くて、嗚呼、疲れた・・・

去年は気分が落ちこんで書けませんでしたが、毎年末最後には、ホンワリした短いお話をアップしていましたので、お恥ずかしいことですが、私の若き日の思い出話でございます。

長いお話が苦手な私には、原稿用紙二枚分の短いお話が書いていて一番楽しいのかもしれません。
10話以上の長いお話は書いたことがなくて、「レクターちゃん」は当初の予定より長くなりすぎました。
年明けにはとりあえず、一区切りをつけなければいけませんので、どうかもうしばらくお待ちください。

なんちゃって、あと四日もあるか・・・嘘ぴよん!





  • 2014/12/26(金) 23:01:54 |
  • URL |
  • アル #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nighttale.blog97.fc2.com/tb.php/121-96725b83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。