夜のお伽噺

アルのオリジナル小説置き場です

レクターちゃん 7話


生まれてはじめて知った、引き寄せられた強烈な絶頂の余韻が残るなか、ベッドを降りた阿川さんを私は目で追いました。ベッドの脇に立つ猫脚の香台に置かれた香炉に火を点し、背を向け部屋着を脱ぐと、クロゼットの中から膝丈の羽衣を取り出し素肌にはおり、腰紐を締めました。一瞬視線に捉えた尻臀を包む下着が艶めかしく見えました。

青磁の香炉から揺らぎ立つ香木のかぐわしい香りが、羽衣に着替えた阿川さんの隠していた妖艶な趣を惹き立てます。
晩秋を感じさせるピンクの山茶花が咲き誇る羽衣姿が、画像の少年の姿に重なります。
あの日から私を惑わし乱し続けた妖艶な少年が、今まさに私の手の触れるところに立ち、私が望み求めた世界へと誘う。それが現実になったことの嬉しさが全身から噴出していたのでしょう、阿川さんの媚態を帯びた微笑が、そんな私に応えてくれました。
阿川さんのなかに生まれた色香に心が捉えられ、夜の香の揺らぎを映す潤んだ瞳の中に意識までもが吸い込まれていくように感じました。

身体を起こした私は、ベッドの淵に斜めに腰を下ろした阿川さんににじり寄り、艶のある髪に触れ、腕をまわし抱き寄せました。柔らかな頬を愛おしみ、言葉にならない声を漏らす唇を塞ぎます。
羽織の懐に手を潜らせ、乳首の先を引っ掻き、肌理の細かい肌が緊張するのが分かります。括れた腰に腕をまわし、たおやかな腿を撫で上げ、大きく割れた裳裾から覗く光沢のある真っ白な下着が私を誘惑します。
じれたように腰紐を解き、肌蹴た胸で上下する小さな乳首を口にふくみ吸いました。阿川さんは、「うっと」呻き細い首を倒し、私は鎖骨、首筋、顎に唇を這わせ、もう一度唇を重ねました。すべてを委ねたように力をなくした阿川さんが、私の腕の中にある悦びに震えます。

脇腹から腰へ舐めるように撫で下ろし、触れた下着の滑らかな肌触りが私を酔わせます。下着に隠された滾る熱の塊が脳を溶解させ、艶めく阿川さんの吐息が揺さぶります。
染み出した情欲の滴りが指先を濡らし、耳元で囁いた願いに恥ずかしそうに頷いた阿川さんは腰を少し浮かせ、私は丸めた下着を脱がせました。

夢にまで描いた阿川さんの性器に息をのみました。あきらかに手入れを施した股間に生える性器は、蜜で濡れそぼつ、可憐な百合の蕾のようでした。私は同性の性器の美しさをはじめて知りました。
尖った蕾は私の手の中で開花していきました。敏感な括れに指を絡め、きわどく切ない呻きを漏らした阿川さんは、私の首にかじりつき、むさぼるように唇を吸い、降り出した淫雨の雫が二人だけの夜を濡らします。



同性の性器に口をつけることに抵抗はありませんでした。股間に指を沿わせ、口の中で捕らえた興奮した性器の柔らかさに驚きました。指とも違う例えようのない肉体の柔らかさは、唇と舌でしか感じることの出来ないものでした。
私の拙い愛撫に合わせ、引きずるような甘い喘ぎ声を聞いているだけで、しびれるような快感が私の性器をまでも濡らします。

お互いの性器を指と唇で刺激し合い、密着させた股間から滴る欲情の雫でお互いの身体を濡らし、同じ器官を持った同士が感じる愉悦が、私と阿川さんとの距離をさらに縮めていきます。
言われたとおりに仰向けになった私の身体を跨ぎ、激しい興奮を晒す私の性器を握り身体の芯にあてがい腰をゆっくりと沈めました。
はじめて体感する未知なる蠢動、私の下腹で揺れる阿川さんの性器に見惚れ、身体の芯まで浸潤する快感に歯を喰いしばり耐えました。それでもすぐに私は見苦しい声を上げたのを覚えています。


震えも呼吸も落ち着かない阿川さんの欲望の求めに頷き、自ら背中で組んだ腕を私は腰紐で縛りました。
「きつく、もっときつく」と囈言を口走る阿川さんの薄青く血管の浮く手首を締め上げます。
ベッドの上で身悶える阿川さんの背中から覆い被さり華奢な身体を壊しそうなほどにきつく抱き締め、熱を帯びた首筋に唇をつけました。そして私は左手で飛び出た乳首を摘みあげ、いたいけなあの少年に自慰行為を教えるように、阿川さんの激しい興奮を晒す性器を右手でそっと扱きます。

汗ばむ阿川さんの身体から直接伝わる快感、指に伝わる出口を求めて渦巻く絶頂の予感。裳裾を捲り上げた私は、丸く柔らかな尻臀に股間を擦り付け、吸い付くような温んだ窪みに性器を押し込んでいきました。
本能の赴くまま腰を打ち込み、呻き喘ぎ、腕の中で阿川さんの体温が一気に上昇した身体が背を仰け反らせ、びくんびくんと何度も大きく痙攣し、音にならない声を上げて、のみこんだ私の性器を折れそうなほどに締め上げ、二人の身体は深い快楽の底に崩れ落ちていきました。




阿川さんとの倒錯行為に夢中になった私は、毎週末部屋に通ったことは言うまでもありません。待ち遠しい夜を指折り数える日々を過ごし、逢瀬の晩は欲望を剥き出しにして身体を弾ませました。
しかし今思うと阿川さんとの逢瀬は、私の現実逃避、ひとり苦悩する精神への癒しを求めていたのかもしれません。

最終学年を控えたその頃から、私は大きな問題を抱えはじめていました。私は自分の描いた絵画にどれひとつ満足できませんでした。デッサンには自信がありましたが、彩色した絵画は私に言わせれば、ぬり絵の領域を超えることはありません。私は色が見えない、色が作れない、色を操れない、画家として致命的な欠如、自分の才能の限界を認めざるを得ない状況に追い込まれていました。
そのことを阿川さんは、あの阿川さんだからこそ、分かっていたと思います。
阿川さんの慈愛に満ちた愛撫と抱擁は腐る私を慰め、先の見えない、私の進むべき航路の羅針盤となってくれた阿川さんの思いやりを、私は決して忘れることができません。

阿川さんは私に、ある作品展にデッサン画を出品するように強く勧めました。阿川さんを題材にした作品を出品することに抵抗がありました。恋慕を抱く人の絵を発表するのが嫌でした。ましてや二人だけ秘密の倒錯した描写を、衆人の好奇の目に晒すことが嫌でした。私は阿川さんのすべてを自分だけのものにしておきたかったのです。
しかし阿川さんは真剣でした。おこがましことですが、名を成した何人もの画家を引き合いにだし、学生気分の抜けない世間知らずの私を叱咤し優しく励ましてくれました。
私は愛情ある説得に応じ、二枚のデッサン画の小品を仕上げました。
二度と描くことの出来ない情愛を込めて…

つづく。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

~降り出した淫雨の雫が二人だけの夜を濡らします、って・・・・あまりに玄妙というかリリカルというか、なんていう文章を書くんだこの人は、と思いました。
お心のうちに一体なにを飼っておられるのか、少なくとも荒くれお笑い女装の私よりはるかにセンシティヴで脱帽です。
エッチ、というより文脈に酔わされますね。
しかしあれですね、大作になってきましたね。
着地点が楽しみです。

  • 2014/11/27(木) 19:51:51 |
  • URL |
  • ネジ #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ネジちゃん ありがとうございます。

心には何にも飼っていませんが、ネコは飼っています。
「玄妙」なんて言葉は私にはあてはまりませんよ。
小学校の時からの愛読書、エロ本の読みすぎなんです。

そもそも私がお話を書き始めた切っ掛けは、市販のエロ本に満足できなくなって
それではと、自分で書いてやろうと思い立ったからなんです。
私にとって書くことは、脳内での自慰行為かもしれません。嗚呼、お恥ずかしい。

しかしエロのさじ加減は難しいですね。
こと細かに表現すると読者の皆様に引かれるし、淡白すぎるとつまらない。
悩みどころです。

>大作・・・
長すぎるお話だと、皆さん飽きちゃうだろうから
あれこれ思案していますが、どうなりますことやら・・・
期待しないでお付き合いの程よろしくです。

感謝!


  • 2014/11/27(木) 22:52:38 |
  • URL |
  • アル #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nighttale.blog97.fc2.com/tb.php/118-0ad8d142
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad