夜のお伽噺

アルのオリジナル小説置き場です

レクターちゃん 5話


親元を離れ、八王子郊外にある美大に通っていた頃の私は、自分の才能に疑いを抱くことなく、芸術家への夢と希望に溢れていたました。課題制作をこなし、時間があるとデッサンの習作に励み、無事進級を果たしましたが、正直、経済状態は苦しくて、必要な画材を購入すると、贅沢をするつもりは勿論ありませんでしたが、一般の大学生並みの生活を送る余裕はありませんでした。
両親は美大進学に反対はしませんでしたが、裕福とはいえない家庭からの仕送りの増額は望めず、私はバイトに活路を見いだすしかありませんでした。
食事付きの飲食関係のバイトは境遇にぴったりでしたが、就業時間が長く、制作に支障が出てしまうのは明らかでした。学食のテーブルの上にバイト紹介のタウン誌をひろげ、頬杖をついた私が、見知らぬ青年から声を掛けられたのは、大学三年の早秋の昼下がりのことでした。

「君、バイト探しているの?」
思わぬ声に視線を上げた私の前に、ひとり青年が立っていました。鼻筋の通った睫毛の長い涼しい目に微笑みを浮かべた青年は、親しげに私に話し掛けてきました。線が細く華奢なせいか、どことなく女性っぽい柔らかな背格好の青年でした。
「私は学生課の阿川。君は確か…」
「三年の藍澤といいます」
「そうだ、藍澤君だったね。掛けていいかな」
「ええ、どうぞ…」
学生課に勤める阿川と名乗った青年は、なぜだか私のことを知っていたようでした。
「君は斉藤先生の門下でしょ」
「――はい…」
「いつだったかな、斉藤先生に用事があって先生の部屋に伺ったとき、門下生の作品を見せてもらったことがあってね。その中に君のデッサンもあって、人物画のデッサンだった。いい作品だったんで、君のことがちょっと気になっていたんだ」
「僕のデッサンですか?」
「そう、君のデッサン力の確かさに驚いたと言っては失礼だけれど、よく描けていたから」
阿川さんの褒め言葉に悪い気がしませんでした。
「いいバイト見つかった?」
「なかなか条件が合わなくて、賄い付きの飲食業が第一候補なんですが、バイト時間が長くて」
自分の生活の窮状を晒した気がした私は、恥ずかしさに頬の火照りを感じていました。

「藍澤君、バイトを決めかねているのなら、私の相談に乗ってくれないかな」
阿川さんは何気ない素振りで周りを見渡し、テーブルに身を乗り出し小声で話し掛けてきました。
「実は、ある方から、その人は私の知人だけれど、画学生を紹介して欲しいという依頼があってね。絵を描いてもらいたいと。学生課を通した話ではないんだけれど、見込みのある生徒を紹介して欲しいと…」
「――見込みのある生徒ですか…それじゃあ僕は…」
「いや、私も美大に勤めているから、他人様より少しは目が肥えているよ。人選は私に任せると言ってくれていてね。どうだろう、君の作品を何点か見せてくれないかな」
「僕の作品ですか、たいしたものは描いていませんが」
「デッサン帳はあるかな」
「ありますが・・これは採用試験ですか?」
「まあ、そう思ってくれてもいい。きっと先方は気に入ってくれるはず。私の推薦だからね」
「報酬は期待できないかもしれないけれど、プロを目指す美大生には、悪い話ではないと思うよ」
将来画家として一本立ちしたいと思っていた私は、阿川さんの物言いに惹かれました。作品に自信はありませんでしたが、明日デッサン帳を渡す約束を交わしました。


それから数日後、授業を終えた夕暮れ迫る教室に顔を出した阿川さんに呼ばれた私は、学食の隅のテーブルで向かい合いました。
「デッサン帳ありがとう」
阿川さんは、わざわざ茶封筒に入れたデッサン帳を返してくれました。
「先方は君の作品を褒めていたよ」
「合格ですか?」
「うん、合格。ぜひ君に頼みたいと。ただ、条件があってね」
「――条件?」
「君は作品の守秘義務を負えるかな。依頼の秘密を守れるかな?」
「守秘義務・・阿川さん、これやばいバイトですか」私は声をひそめました。
笑い声こそ上げませんでしたが、破顔させた阿川さんは、不安げに顔を曇らせる私の心配を手で振り払い言いました。
「ごめん、脅かすつもりはなかった。内緒にしてくれということ」
「君、パソコンあるかい?」
「はい…」
「その封筒の中にメモリーが入っているから、部屋に帰ったら見てみて。画像が入っているからそれを参考にして、君が好きなようにデッサン画を描いて欲しい」
「――デッサンですか?」
「そう。一枚でいい。先方は出来の良し悪しを問わず、謝礼は必ずする。もし嫌だったら断ってもいいけれど、私からすれば勿体ない話だと思う。君ならいい絵が描ける。私の目に狂いはない」
自信たっぷりな阿川さんの褒め言葉に、照れ隠しのように頭を掻いた私は、嬉しさと不安な気持ちに駆られたことを覚えています。

もしあの時、阿川さんの依頼を断っていたら…私は全く別の人生を歩んでいたことでしょう。想像すら出来ない世界が私を待っていることなど、その時は知る由もありませんでした。



その晩、夕食を済ませた私はパソコンを立ち上げ、阿川さんから渡されたメモリーを差し込みました。シリアルナンバーがつけられた五枚の画像ファイルが画面に並び、私はナンバー1をクリックしました。起動した画像ソフトに写りだされた画像は想像とはあまりにも懸け離れたものでした。

薄明かりの中で、深い緑の葉に紅色の花椿を咲かせた羽織を素肌に纏った、遊女のように科を作った少女の画像でした。二枚目は少女の横顔、その白く滑らかな頬、曇りのない目、柔らかそうな髪。マウスを掴んだ指先が私を急かします。
割れた羽織の裳裾の下から白い素足が伸び、股間を隠す下着が覗いています。小さな身体から立ち上る色香に私は目を奪われました。潤んだ瞳を宙に泳がせ、薄紅をさした薄く開いた艶めかしい唇。着崩れた羽織から、まるで幼女のような膨らみと小さな乳首。真っ白な下腹に縦長の臍が覗いています。

とりつかれたようにクリックして現れた画像に私は目を見張りました。両腕を後に廻し膝立ちする少女、少女は悲しげに俯き、憂いを含んだ眼差しを伏せて股間に視線を向けていますが――そこには下着の異常な膨らみが!何かの間違えのように…まさかこの子は…
その膨らみが意味するものはすぐに分かりました。私と同じ身体、同じ器官。しだいに目が慣れてきた私は、少女の中に少年の輪郭が見えてきました。
最後の画像には滑らかな背中で妖しい光沢を放つ金属製の凝った作りの拘束具。細い腰つき、食い込んだ下着からこぼれ出た小さな丸い尻臀。

今まで授業で、人体の骨格、肉付きを知るために、裸婦や男性の裸をスケッチしたことは幾度もありましたが、妙な気分になったことはありませんでした。しかし画像の少年のなかに生まれた、心をとらえるような柔らかさが、私を蠱惑させます。クリックを繰り返し画像を食い入るように見定めた私は、少年の妖異な魅力の虜になってしまいました。


私はパソコンの前で目を閉じ、こめかみを指で押さえ、鈍く痛む頭で阿川さんの言っていた守秘義務の意味を理解しました。その夜一晩中昂りに魘された私は、大学で上質の画用紙を買い込み、急いで部屋に戻り、制作に取り掛かりました。構図は決まっていました。前髪がかかった悲哀を帯びた眼差しを向け、背中で拘束された腕を,花椿の羽織で隠し、緩んだ腰紐から肌蹴た胸の小さな乳首、反らせた腰で股間の膨らみを見せつけるいたいけな少年。
授業を欠席して寝食を忘れ、仕上がった作品は自信がありました。そして私は作品を前にして、ぱんぱんに膨らみ続けた欲求を自ら解放させました。

阿川さんは作品を一目見るなり、大層喜んでくれました。作品を手放すことに未練が残りましたが、依頼主の評価が気になります。週が変わり、阿川さんから呼び出された私は、逸る気持ちを抑えながらも約束の学食に駆けつけました。
「藍澤君、先方は気に入ってくれて、すごく喜んでいたよ。私も嬉しくて、本当にありがとう」頭を下げる阿川さんに安堵しました。
「これ、預かってきた謝礼です」上着の内ポケットから白い封筒を取り出し、テーブルに置きました。
封筒を恭しく受け取った私は、はじめて自分の作品で稼いだ実感に感動していました。
「中をあらためなくていいのかい?」
「いえ、気に入ってくれただけで満足です」私は封を開けずリュックに仕舞いました。

「藍澤君、念を押すようだけれど、このことは内密にね」
「はい。分かっています。阿川さん、一つだけ聞いてもいいですか?」
「なんでしょう…答えられないこともありますが…」
「――モデルの少年のことですが」
「やっぱり気になりましたか。だから素晴らしい作品が描けたんですね。あれは随分前のものです。十年近くになりますか」
「そうでしたか…それじゃ今はもう…」
「藍澤君、あの頃の彼に会うこと出来ませんよ」
私の密かな少年への想いを見透かされてしまいました。
「それでは失礼します。素晴らしい作品に仕上げてくれて本当に感謝しています。肩の荷がおりました」

「でも藍澤君、君はあの彼と何度も会っていますよ」
腰を上げた阿川さんは意味深な言葉を残し、謎めいた笑みを私に向け立ち去りました。

阿川さんの後姿を目で追う私の視線を感じたのか、振り向いた阿川さんの、指に覚えのある横顔の輪郭。
まさか、まさか、あの少年は昔の阿川さん!
間違えありません、真実に驚愕した私は椅子に崩れ落ち、すべての守秘義務を負うことを胸に誓いました。

つづく。




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

はて、アル先生はいつの間に私が実はショタ趣味でもあることをお知りになったのか?ブログに書いた記憶はないが、コメント欄でうっかり書いちゃったかしら?と首をひねりたくなるほど、どストライクなワンシーンが描かれていて、思わず、あーっ、と変な息が漏れました。
過ぎ去りし時間の中でしかその倒錯の美しさを愛でることはできない、というお耽美さがこれまた良いです。
さてこの回想シーンがなにを意味するのか、次の展開期待しております。

  • 2014/10/27(月) 20:27:40 |
  • URL |
  • ネジ #-
  • [ 編集 ]

ネジちゃん、ありがとうございます。

正太郎君でございましたか。
私の変態話も、お洒落にBL小説の仲間入りしていますので
お約束で可愛い少年を登場させなければイケマセン。

私のお気に入りは、男か女か分からないような青年が好みなんです。
小説の主人公「チコ」が理想像なのです。エヘヘ。


「私の息子になにするの!この変態教師!」と美南君のお母様に叱られ(嘘ですが)今回は美南君お休みです。
相も変らぬ拙文で、ご期待にこたえられるか分かりませんが、
今後ともお付き合いよろしくです。

回想、読み応えあります。キワード「お姉さん」がどうかかわってくるのか
楽しみにしています。

残念ながら、音源すべて聞き逃し、見逃してしまいました。ゴメンナサイ!

  • 2014/10/28(火) 10:58:33 |
  • URL |
  • アル #zci20J7.
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nighttale.blog97.fc2.com/tb.php/116-3d920590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad