夜のお伽噺

アルのオリジナル小説置き場です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフ会 (前編)

夏の終わりを告げた嵐が空の青さを秋の色に変えていた。
突然掛かってきた大学時代の友人、聡からの電話、新手のマルチビジネスとか、妙な宗教の勧誘ではなかったが、
電話口で聡の声を聞いたとき、俺は何だか嫌な感じがした。
今度の連休に上京するので、俺のアパートに泊めてくれということだった。

聡とはゼミの研究室で毎日のように顔を合わせ、朝から晩まで一緒にいた仲だった。
お互いお笑い好きで、昭和チックなギャグの好みも一緒で、会員は俺と聡の二人だけだったが、
昭和ギャグ研究会を立ち上げ、ふざけ合っていた。(教授たちには受けが良かったが、仲間にはサッパリだった)

卒業してから1年と数か月、別々の食品関係の会社に就職し、時節の変わり目にはメールのやり取りはしていたが、
しばらくぶりの再会に快く承諾したものの、待ち合わせの阿佐ヶ谷の改札口で、腰で小さく手を振り、
俺に向かってくる見知らぬ人物を目にしたとき、自分の嫌な予感が的中したことを確信した。
聡の女装姿をはじめて見たのはその時だった。

「賢司、しばらくぶり」
「――誰?」
「エヘヘ僕だよ」
「まさか……聡?」
聡は恥ずかしそうに何度も頷いた。
しかし恥ずかしくなったのは俺の方で、後退さった俺は聡の存在など無かったようにその場を逃げ出した。
「賢司、ちょっと待てよ!」
女の恰好をした男の太い声に驚いた人達が、駆け出した俺と聡を好奇の視線で追うのが分かった。
ガガガと大きな音を立てるキャリーを引きずり、革靴を鳴らし俺に追いすがる聡。
運悪く行く手を赤信号に阻まれた俺は、息を切らす聡に二の腕を掴まれた。

「賢司、なんで逃げんだよ!」
「お前、よくそんな恰好で来たな!意味わからん!一発芸、それとも罰ゲームか?」
「ギャグじゃねえんだよ。これにはちょっと訳があんの――だけど賢司よ、そんなに見苦しいか?
逃げるほど酷いか?相当気合入れたつもりだけれど……」
「気合を入れた?」

聡の言葉に歩を止めた俺は、横に並んだ聡の全身を上から下まで隈なく眺めた。
男にしては細面で柔和な顔立ち、落ち着いた色の茶髪(もちろんこれはズラだろう。これで会社に行けるわけない)
贔屓目に見れば、普通の二十代の女に見えなくもなかった。
ひざ丈のシャツのようなワンピースが男の体形を見事に隠してはいた。

「――変と言えば変だけど、声を聞かなきゃあ、女に見えなくもない……」
「だけど聡、どうしちゃったのよ?悪い病気にでも罹ったのかよ」 
「まあ病気と言われれば返す言葉はない――話せばいろいろでさ。そのへんでお茶しないか。
この格好で列車乗って遠出したのは初めてで、さすがに緊張で喉カラカラ」


こともあろうに女装姿で現れた聡の羞恥心のなさと不条理に、やりきれない思いが晴れない俺は、
聡と距離をおいて歩き、出来るだけ人目を避けるように路地裏のカフェに聡を誘った。
奥の厨房から離れたテーブル席で向かい合い、聡は大人の女がするように、膝を揃えストッキングの脚を斜めにして座り、
注文を取りに来たウエイトレスは、聡が男であることは気が付かないようだった。

コップの水を一気に飲み干し安堵した聡は姿勢を正し俺に頭を下げた。
「賢司、ごめん。本当は知り合いの誰にもこの姿は見せたくなかったんだ。でも訳あってどうしても
――賢司なら分かってくれると思って……驚かせてすまん」
聡の女装姿に目が慣れたのか、少し冷静になった俺は、畏まる聡に苦笑いした。

「聡にその趣味があったなんて、知らなかった。いつから?」
「大学の時に目覚めたんだけど、本格的にはじめたのは就職して一人住まいしてから。
賢司覚えている、学祭で女装するイベントがあったろ?」
毎年学祭で女装コンテストがあったことは覚えているが、俺にはウケ狙いの仮装大会にしか思えなかった。
それでも優勝したのは俺でも納得する奴だったが。

「お前出場したことあったっけ?」
「いや、ない。でも出たら絶対に優勝する自信はあった」
「ホントカヨ、すごい自信だな――だけど駅で見たとき、こいつヤバイと思ったぜ。
今だって、お前が男だと知っているから相当な違和感があるが、知らない人が見れば、男だと気が付かないかも。
本当に上手く化けている。褒めてやるよ」
聡は照れくさそうに両肩をすぼめた。その女のような仕草があまりにも堂に入り、俺は妙に感心してしまった。

「それで、なんで無理してまで、その恰好で俺のとこ来たのよ?」
「――実は、明日オフ会があって…」
「オフ会?」
「ちょっとしたブログをやっているだけれど、ブロとも三人で一度会おうということになっちゃって……」
「それなら何も俺のとこに来なくてもよかったんじゃねえ?秘密をばらすこともなかったのに」
「賢司の言う通りなんだけれど――じゃあ泊めてもらえないか?」
切羽詰まった聡の表情が険しくなった。聡は俺に、まだ隠していることがあるようだった。

聡の性対象は一般男子と違うものなのか……友情にひびが入ってしまうかもしれないが、
返事次第では泊めることを躊躇せざるをえないと思った。
「せっかく静岡から出てきたんだし、連休は予定もないから何日でも泊まってもいいけれど……」
確信が持てなかった俺は聡に顔を近づけ小声で訪ねた。柑橘系の香りが鼻をくすぐった。
「お前、ひょっとしてホモ?」
「アハハ、賢司、違う、違うよ」
声を上げて笑った聡は顔の前で右手を振り、俺の疑念をきっぱり否定した。
「こんな格好しているけれど僕ストレート。これコスプレの一種」
聡の笑い声に違和感を覚えたのか、ウエイトレスの何気ない視線が聡に集中したのを感じ、
聡の返事に胸を撫で下ろした俺は伝票を掴んで立ち上がった。

しかしその後の展開は俺の想像を超えたものだった。

続きを読む
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。