夜のお伽噺

アルのオリジナル小説置き場です

夏休みの宿題

夜の帳が下りた静寂な部屋に佇むひとりの女性の姿。綺麗にセットした栗毛色の髪、夢見る瞳をクローゼットの鏡に向け、思わず漏れた甘い吐息が瑞々しい香りが漂う部屋の空気を震わせる。
自慢らしく見せつける純白のシフォンのキャミソールが揺れ、裾から伸びた細い脚に視線を落とした。上手く塗れたペティキュアに笑みがこぼれた。
憐憫の情けもなく、私の欲望のすべてを受け入れる女性との逢瀬。このとき、この瞬間、私は至福のときを迎えました。


好奇心。私はいつも好奇心にせっつかれていました。ピアスはもちろん、マニュキア、流行の服。女性に対し特別な憧憬を抱いては、そのなにひとつとして得られずにいる自分に苛々していました。
大学に入ったのを契機に、どうしても一人暮らしがしたかったのですが、通学は自宅から十分可能で、私は心の疼きに耐えるしかありませんでした。受験の束縛が外れ、生活環境が変わり、自由な時が増えるにつけ、願望は膨らむばかりで苛立っていました。
それではと、後期授業が始まるまでの夏休みの五日間、私は友人宅で、ありもしない夏休みのレポートの作成の為にと口実を作り、自宅から遠い都内の格安のウィークリーマンションを探し、予約を入れました。

それから一か月、春から伸ばした髪の色を少しずつ変え、眉毛を細く整え、毎夜ネットを徘徊しては、密かに必要な物のリストを作り、自分だけの世界の創造を準備していました。
指折り数えた念願の一人住まい、ほんの短い期間とはいえ、誰にも邪魔されない自由な居場所を手に入れ、感激もひとしおでした。



マンション近くの宅配便の営業所にネットで注文した物がすべて揃った二日目の晩、慌ただしく梱包を解いた私はベッドの上にそのすべてを並べ、ひとつひとつが発する妖しいオーラに溜息を吐き、心を奪われてしまいます。
はじめて女性用の下着を手にした、その瞬間、想像の中でこの下着が女性の股間に食い込むさまや、淫猥な仕草をする女を求めているのではないことを明瞭に自覚しました。
急いで全裸になり、バスルームに飛び込みました。女性用の石鹸の付いた剃刀で全身のムダ毛を処理し、封を切った乳液を掌にたらし、入念に肌の手入れを済ませました。
そして遂に私は変身を遂げました。願望する女性の全身を手に入れた悦びで、胸の震えが抑えられません。

カワイイヨ

天の声がクローゼットの鏡の中で緊張する女性に囁きます。声に促され、キャミソールの裾を少しだけたくし上げます。劣情を催す下着が目に飛び込み、私を魅了します。
脛をあがり、太腿を舐めるすべすべとした下着の悩ましい肌触り、心地よい拘束感は想像を超えるものです。 

キミミタイナカワイイコガ、ソンナHナパンティーヲハイテイルナンテ

鏡の中で、つるりとした脚が恥らうように擦り合わされ、女性の唇から、言葉にならない声だけが漏れます。

ウシロヲミセテゴラン

はにかみ頬を赤らめ、鏡にヒップを映してみました。ふたつの膨らみが小さな下着から今にもはみ出しそうになっています。
成熟した女性にしては、柔らかな曲線ではないにもかかわらず、自分の肉体が女性のものと少しも変わらないと感じます。

イヤラシイシタギヲハイテヨロコンデル、キミハホントウニ、インランナオンナダ

サワッテホシクテ、コンナパンツヲハイテイルノダロウ

ホラ、ホラ、ショウジキニイッテミロ

下卑た言葉で嬲られ、言いつけに従いヒップを掴みました。全身のたぎる血が下半身に音を立てて流れ込んでいきます。
鏡に突き出した零れんばかりの股間の膨らみは、薄い布でかろうじて抑え込まれています。

サワッテゴラン、カタクナッテイルダロ

キミガカワイイカラコンナニナッチャッタ

股間に置かれた白い指が、眩しく感じられます。ネイルを施した美しく磨かれた爪、振り払うことのなど出来ない魔力を持っています。私は思わず指先をキャンディーのように口に入れて夢中で舐めました。

続きを読む
スポンサーサイト

FC2Ad