夜のお伽噺

アルのオリジナル小説置き場です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薔薇の応援団長 後編

約束の日曜日は、厚い雲に覆われ、私の気分のように重苦しい日でした。
母は休日出勤で朝から家にはいませんでした。休日登校の言い訳を考えずに済むことに安堵しました。
用務員さんに弱みを握られている手前、約束を破るわけにはいきません。溜息を繰り返し、憂鬱な気分で詰襟に着替え、重い足取りで中学校に向かいました。

頑丈な鉄柵の校門は鍵が掛かっていましたが、校舎の裏手にある通用門の錆の浮いた扉は鈍い音を立て開きました。
用務員室は校舎から離れたプールの隣に建つ倉庫の一角にあります。
私は誰もいない静かな校庭を横切り、用務員室を目指しました。
木製のドアと曇りガラスの窓は閉まっていましたが、中から流行っている「神田川」が漏れ聞こえてきます。
かぐや姫というフォークグループの曲で物悲しいメロディーです。母はテレビでこの曲が流れると、感慨にふけるように聴き入っています。

「二年の及川です」
ドアをノックし来訪を告げました。
中から人の動く気配がして、内側からドアが開きました。休日でも用事があるのでしょうか、普段通りの作業着の用務員さんが顔を覗かせました。
先日の出来事が瞬時に蘇り緊張します。
一礼した私は、コンクリートの三和土に靴を揃えて、小さな流しとコンロ台がある板の間に上がりました。
折り畳みの食卓机を挟んで置かれた座布団に座るように言われ、私は薄い座布団に畏まりました。
食器戸棚の上に置かれたラジオを止めた用務員さんは、私に向かい合いゆっくりと腰を下ろしました。

「用務員さん、こないだは、ご迷惑を掛けました。ごめんなさい」
私は開口一番、自分の犯した行為を謝りました。
「先生に内緒にしてもらい、ありがとうございます」
「うん。渡辺先生の学校での立場があるからね。直属の教え子が校内で盗みを働いたことを知ったら、気の毒だ」
「及川君、君も私との約束を守り、大切な休みの日に来てくれたことで、十分に反省していることはよくわかりました。今回の件は私の胸の内に収めておきます。安心しなさい」
「ありがとうございます」
頭を下げた私に用務員さんは何度も頷きました。用務員さんの温情に、胸のつかえが下りました。


用務員さんは、折角来たのだからと私に紅茶を淹れてくれました。
テーブルに並べた二つのホーローのカップに砂糖を入れ、香り付けにと食器戸棚の奥から茶色の小瓶を取り出し、君は未成年だけど、と言いながらも、私に断る隙も与えず、小さじ一杯のウィスキーを私のカップにも混ぜました。
甘い紅茶は、少しだけ大人の香りがしました。温かい飲み物に緊張がほぐれていくのがわかります。
胡坐をかき、寛いだ様子の用務員さんを見た私も膝を崩しました。

「ところで、君はお母さんと二人で暮らしているんだね?」
用務員さんは私の家庭のことを調べていたことに驚きました。学校職員ならそんなことは容易いことなのだろうと納得しました。
「――ええ……」
「お父さんは?」
「僕が小さい頃亡くなりました」
「そうでしたか…失礼なことを聞いてしまいました。許してください」
用務員さんの態度は紳士的でした。
「いえ、かまいません。父のことは記憶にないのです。仏壇の写真でこの人がお父さんだったのかと思うだけで……」
「寂しいですか?」
「いいえ、もう慣れました」


「及川君、私はこの学校に勤めてもう十年以上になります。縁がなくていまだに独り身で、普通なら君たちぐらいの子供がいてもおかしくない歳です」
「だから、生徒たちを見ていると、どの子も自分の子供のように可愛くてね」
紅茶を啜りながら照れ笑いする用務員さんに、私は温かい感情が湧きはじめてきました。

「及川君が憧れる、三年生の―吉澤さん。私たち職員も先生方も驚きましたけれど、あの活発さは、これから社会に出る女の子にも必要ではないのかなと思いました」
「女の子だからお淑やかに、男の子だから男らしく、これからは私の育った時代の古い価値観とは違っていくような気がしました」

「それでね、及川君の告白を聞いたときは、思春期の君の気持ちが分からなくて――自分の中学、高校時代を思い出したら、君の気持ちが少し分かりました。私も似たところがあったなと……」
私は用務員さんの話を神妙に聞いていました。

「――実はね、あれからいろいろ考えました。君から取り上げた物――あれは持ち主も分からない体育着で、ゴミとして焼却処分にしましたが、なんだか君に悪いことをしたようで…」
膝立ちした用務員さんは後ろの襖を開け、奥の薄暗い畳部屋から、紙袋を引きずり出し座りなおしました。
テーブルの飲み干した二つのカップを片付け、咳払いすると、紙袋の中から真新しい女子の体操着を取り出し、私の前に並べました。
驚きに息をのみ、目を見開いた私は、体育着と用務員さんの顔を交互に見返しました。

「これは私が買い求めた物ですが、君に差し上げようかと」
「――僕に、ですか……?」
「君が欲しかった物ですよね?」
想像すらしていなかった事の成り行きに、私は言葉が見つかりません。

「まあ、君に差し上げるのは、やぶさかではないですが――家に持ち帰って、もしお母さんの目に触れるようなことになったら、どうします?」
「困ります!」
「そうでしょう?一人息子が女子の体育着を持っていたなんて、理由も分からないお母さん、驚くだろうし、非常に悩むと思いますよ」
「大切なお母さんを悲しませることになるでしょうね」

「――用務員さんの言うこと、よく分かります……」
「思うに、お母さんには、男の気持ちというか、思春期の男の子の気持ちは、なかなか分からないでしょう」
「君がなぜ、女子の体育着が欲しがったのか――たとえて言えば、好きな歌手や俳優が身に着けている物を欲しがる、ファン心理と似ているように思うのですが……大好きなアイドルをより身近に感じることが出来る、それを身に着けた自分がアイドルになったような気分になれる」
「そうではありあせんか?及川君」
私はあの時、なぜあのような衝動に駆られたのか、用務員さんの言葉で整理できた気がしました。


「それでね、ひとつ私からの提案ですが――先程も言いましたが、私はどの生徒も自分の子供のようで可愛いのです。君とこうして女性には分からない男同士の話が出来て、なんだか君が自分の息子のような気すらしています」
「今日は、学校は休みで、偶然ですがクラブ活動の予定もない。学校に居るのは、君と私だけです。どうでしょう、ここで体育着に
着替えたらどうですか?」
「――今、ここで、ですか!」
「家に持って帰るわけにはいかんでしょう?――心配はいりません。可愛い息子のことを他言はしません。男同士の約束です」
「でも……」
「私も、君の応援団長姿が見たいのです。あの応援団長、吉澤さんを、もう一度見たいのです」
「二人だけの秘密です。秘密です。秘密、秘密……」
用務員さんの呪文のような言葉が、渋る私の背中を押しました。

続きを読む
スポンサーサイト

薔薇の応援団長 前編

家の電話が鳴ったとき、それが男からの誘いだとすぐに感じました。休日出勤で母がいないことが分かっているように。
やはり聞こえてきたのは男の声でした。
「無理にとはいわないがね」と男は電話口でわざと勿体をつけ、私をもてあそぶその口調に身の置き所がなくなります。
男の声がそんなふうに聞こえるくらい、私は誘いを心待ちにしていました。
私は男と知り合って、自分の身体に別の生き物が棲みついていたとは思ってもみませんでした。
餌を与えても、与えても、飢えている生き物が……



私は物心ついたときから父親のいない家庭に育ち、看護婦の母は昼も夜も家にいないことが普通でした。
毎日が息苦しくてよく外には出ましたが、なぜだか、同じ年頃の男の子たちとの輪に入ることができませんでした。
一人っ子の鍵っ子だったこともあり、一人遊びのほうが気楽でした。

そんな私でも、中学生になると何人かの話の合う友人ができましたが、生れついた内向的な性格から目立たない中学生でした。
私の通った中学校は東京の田舎にあり、東西に流れる川沿いの道を二十分歩いた町の外れにあります。
朝、登校時間になると男子は詰襟、女子はセーラー服姿の生徒たちが列をなして一本道を進んで行く様子は今も変わりはありません。

中学では、学校行事の遠足が課外授業、運動会が体育祭、発表会が文化祭と呼び名を変え、生徒の自主性を尊重する校風から、小学校とは比べものにならない行事内容の濃いものでした。
あれは中学二年の体育祭のことです。札幌で開催される冬季オリンピックを来年に控え、オリンピックの成功をスローガンにしたプログラムも組まれていました。

私の中学校の体育祭は全学年縦割りのクラス対抗で競技が行われ、得点を競い合い、クラスの優勝を目指します。
体育祭の花は最後に行われる三年生男子の騎馬戦でしたが、昼休みを挟んで行われる、各学年の有志で混成された応援団による演舞も、体育祭を大いに盛り上げるものでした。

その年、体育祭はじまって以来の出来事、体育祭実行委員である女子の応援団長が登壇して、全校生徒と観覧に訪れた父兄の注目を一心に集めることになりました。
詰襟姿の男子応援団員を後ろに従え、体育着に詰襟を羽織り、お下げ髪に腰までなびく鉢巻をきりりと締め、空手の形をまねた男子顔負けの演舞を披露しました。
薄紅の唇が発する掛け声に、大きな歓声が起こります。
詰襟の裾から覗く濃紺のブルマ、高く蹴り上げた真っ白い脚。その姿に見惚れた私は、体感したことのない感覚、身体の奥から染み出す悩ましい感覚を周りに気づかれないよう足踏みしていました。
それは思春期を迎えた私が初めて異性を意識した瞬間でした。
そして今思うと、私の心に眠っていた倒錯した性意識の目覚めでもあったのでした。


その夜から夢枕に現れる応援団長の幻影にうなされた私は、生れてはじめて夢精を経験しました。
その日を境に、艶めかしい団長の仕草を思い浮かべては、屹立してしまう性器に急き立てられ、股間を布団に擦り付け、恐る恐る伸ばした手で射精を導きました。
その蕩ける快感に夢中になってしまったのは言うまでもありません。
団長への恋愛感情の芽生えは、勿論あこがれの域から出るものではありません。
下校する後姿を目で見送っては、密かな願望を描き、ひとり満足させていたのでした。

しかしその願望が思いもよらぬ展開を迎えたのは、校庭の銀杏の大木が色づいた葉を落としはじめた晩秋の放課後でした。
二学期の期末試験を終え、開放感あふれるクラスの日直当番だった私は、もう一人の当番女子に日直日誌の記入と担任への届けを任せ、私は黒板を拭き、教室の隅に置かれた屑籠を下げ体育館裏の焼却炉に向かいました。

当時教室から出るゴミはここで焼却していました。赤い熾火が燃える焼却炉にゴミを投げ入れ、日直の仕事は終りました。
後は教室に戻るだけでした。
ふと焼却炉の陰に膨らんだ段ボール箱が目に留まりました。
焼却処分のゴミが入っているのだろうと、さしたる興味があったわけではありませんでしたが、誰もいないことをいいことに、段ボールを開けました。
中には変色した大量のスリッパ、上履き運動靴が無造作に詰め込まれていました。
どれも履き古したもので、いくつか手に取ってみましたが、汚くてすぐに戻しました。
それでも箱の底から覗く、丸められた衣類に興味を惹かれた私は、腕を突っ込み摘み上げました。
破れたユニフォームの数々、泥まみれの体育着、そして濃紺のブルマ……

手に取った途端、私の歪んだ欲望に連鎖しました。
勿論、団長の持ち物ではないことは理解していましが、あこがれの団長が私のものになったような気がしました。
焼却炉のそばに置かれているだけで、中身がすべてゴミかどうかもわかりませんでしたが、その手触りが善悪の判断を鈍らせ、
急いでポケットに隠しました。

しかし悪いことはできないものです。立ち上がり振り向いた目の前に、腕組みする作業着を着た学校の用務員さんが私を睨んでいました。

「いま、君がポケットに仕舞ったものを出しなさい」
「いえ、何も……」私は冷や汗を掻きながら惚けました。
「嘘はいけない。君のしていたことを後ろでずっと見ていた」
「さあ、出しなさい!」

きつい口調に竦み上がり、観念した私は丸めたブルマを差し出しました。
盗んだ物が女子の体育着だったことの恥ずかしさと、予想する担任の説教に恐怖した私は、涙を流しました。
詰襟につけたバッヂで学年とクラスをすでに知った用務員さんは、当然のように名前を聞いてきました。
「二年三組の――名前は?」
「――及川……」
「及川、なに!」
「一美です。ごめんなさい……」
私は深く頭を下げました。

「担任は渡辺先生だね。確か学年の生活指導を担当されていると思ったが……」
私は涙を拭きながら頷きました。
用務員さんは、呆れたように大きな溜息をつきました。
生活指導を担当する先生の教え子が盗みを働き、盗んだ物がこともあろうに、女子の体育着だった。
事実を公にすることで、先生の指導不足が問われることになることを心配したと、後日、用務員さんは私に話しました。

長い沈黙の末、用務員さんは、思いがけない詰問を私に投げかけました。
「君は盗んだこれをどうしようと思った?女子の体育着だぞ」
俯く私は羞恥心に耳まで熱くなりました。
用務員さんの黒縁のメガネの奥で光る鋭い眼光に怯えた私は、体育祭で見た女子応援団長へのあこがれと想い、団長の姿を連想させた体育着を思わず盗んでしまったことを包み隠さず話しました。

中学二年男子の告白に用務員さんは、静かに頷き、時に微笑を浮かべ、私の子供じみた恋愛感情を理解してくれたようでした。
そして私の犯した窃盗を不問にする代わりにある条件を出しました。
今度の日曜日に登校し用務員室に来ること。
弱みを握られた私は出された条件を受け入れるしかありませんでした。
用務員さんの態度が怪しげであったことなど、急いでその場を逃げたかった私には分かるはずはありませんでした。


つづく。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。