夜のお伽噺

アルのオリジナル小説置き場です

東京タワー


この部屋から見える夜景を私は気に入っている。スカイツリーがモダンアートの燭台なら、目の前にそびえ立つ赤いランプが点滅する東京タワーはレトロなクリスマスツリーだろうか。
東京で生まれ育ち見慣れた都会の風景だが、いざ東京を離れて暮らしはじめると望郷の念にかられてしまった。製菓会社に就職して浜松の研究室に配属された私は、毎月一回木曜日の早朝に上京する。本社で打ち合わせと会議に出席した私は、このウィークリーマンションに新谷を呼び週末を過ごす。
単身用の炊飯器とポット、作り付けの食器戸棚に並べられた食器。風呂場のドアの脇に掛けた二枚のバスタオル。遠く離れた私と新谷との秘密の棲家を演出する。



新谷は大学での二年後輩で、吹奏楽部でトランペットの同じパートを吹いていた。小柄な体格ながら中学高校と名の知れた吹奏楽部でトランペットを吹いていた新谷に、にわか仕込みの私は彼の足元にも及ばなかったが、新谷は腕前をひけらかすことなく年上の私を何かと先輩と立ててくれた。
忘れもしない卒業を控えた最後の定期演奏会の打ち上げの居酒屋でのことだった。隣に座った新谷は私との別れを悲しんでくれた。
悲観にくれる先輩思いの新谷に私は悪い気がしなかった。別れを惜しむ新谷を打ち上げが引けた後、酒場に誘ったのは自然の成り行きだった。

薄暗いバーのカウンターに並んで腰掛け、部活の思い出話を肴に杯を重ねていった。少し酔った様子の新谷はスマホを取り出すと開いた画像を隠すように私に見せた。綺麗な栗毛色の髪を膨らませた女の子がコケティッシュな表情を浮かべていた。
「誰?新谷の彼女?可愛いね・・」
大学生活でも特別な彼女が出来なかった私は、正直新谷が羨ましかった。新谷の脇腹を小突いた。
「結ぶ花と書いて結花といいます。でも彼女ではないんです・・」
「彼女じゃないの?それじゃあ兄弟?」
「いえ、姉でも妹でも・・」
「可愛い。紹介してほしい気分だな」
年上の手前、あからさまな本音を隠すようにグラスに口をつけた私は冗談半分に言った。
何かを言いよどむ新谷に、もし私が違う反応を示したら、今とは全く違う展開になっていただろう。
新谷はカウンターに置いたグラスを見詰め、ぼそっと囁いた。
「――実は・・それ僕なんです」
「僕って・・まさか・・」俯く新谷は小さく頷いた。
「えっ嘘だろ!」
はにかんだ様子の新谷だったが、新谷は相当な決意で私に画像を見せたのだろう。嫌われるのを覚悟の上でのことだったに違いなかった。確かに鼻筋の通った、睫毛の長い涼しい目をした新谷を美少年と呼んでも誰もが納得はするが、その見事な変身ぶりに舌を巻いた。余りの驚きに言葉を失った私は恐縮する新谷とスマホの画面を何度も見比べた。新谷に言いようのない興味が惹かれた私は、後輩たちから餞別に贈られた花束を、結花さんにと新谷に手渡した。


翌晩、招かれた新谷の下宿は綺麗に整頓され、昨夜新谷に譲った薄紅色の薔薇の花束が花瓶に生けられていた。襟を白いフリルで飾ったヒッコリー柄のワンピース姿の結花と名乗る女の子の容姿に立ち竦む私は、悪戯っぽく微笑む新谷に手を引かれた。
「お前、ほんとうに新谷?」
「驚いた・・なんだか化かされているような・・」
「先輩、オバケじゃないんだから、化かしてはいないけど、ちょっと騙してるかな・・」頭を掻きながらいつもの新谷の声に安堵した。
昨今、女装した芸能人や、ニューハーフと呼ばれる人たちがメディアに頻繁に登場し、世間に広く認知されていることは知っていたが、私には縁のない世界だった。それがどうだろう、ワンピースの裾から伸びた両脚を品よく揃えかしこまり、女装した新谷が向かいに腰を下ろし私をもてなしてくれる。その立ち振る舞いからは、男の記号が完全に消えていた。それは親しんだ先輩後輩の関係を男女の関係に変化させ、恋愛経験の乏しい私に新谷を女として意識させるには十分すぎるほどだった。

必要以上に新谷を意識し、途切れる会話を繋ぐように新谷は、自分では上手く撮れないと言い訳して小さなデジカメを私に手渡した。レンズに向ってポーズをとる新谷を画面に捕らえシャッターを切る。シャッター音がこだます度に新谷の表情が移ろい、部屋の温度が上がっていった。
冷たい床の上に妖しい光沢を放つストッキングに包まれた細い脚を少し広げ、まるで私を誘うように科を作る新谷の姿をカメラで追った。手の平が汗ばみ、震えだした指で新谷の顔にズームする。新谷の潤んだ瞳はレンズを見ている、それとも動揺する私を見ているのか・・
「――新谷・・・」
声が掠れカメラを下ろし、放心した私に腰を上げた新谷の身体は、重心を失ったように私の腕の中に倒れてきた。その甘い香りと温もり、柔らかさを押し返すことが出来なかった。なぜそうなったのか私には分からなかった。ただ私の身体は新谷の体重を支え、新谷の身体に腕をまわした。私の胸に顔を埋める新谷に愛おしさを感じていた。

初めての口付けは私が誘ったのは覚えている。明りを消した暗い部屋でベッドに倒れこみ、抱き合った。緊張と羞恥心で固まった身体を、柔らかな愛撫で解きほどかされた私は、自らでは決して体感することのない甘く切ない刺激で性感を煽られた。新谷の柔らかな生温かい唇が私の性器をふくみ、前髪が揺れるたびに淫靡な音を上げる。性感の高まりに喘ぎ、小刻みに震えがとまらぬ下半身。二人の行為が禁断であることを私は理解しながらも抗う事は出来なかった。
「し、しんたに!」
ただ新谷の名を叫び、射精を見られることを躊躇い身体を捩った。切羽詰った私を察した新谷の唇が離れ、今にも破裂しそうな性器に新谷の細い指がぎゅっと絡まる。私は目を見開き天井を仰ぎ、呻きを上げた。生まれて初めて他人に導かれた強烈な絶頂に激しく身悶えるしかなかった。


続きを読む
スポンサーサイト

FC2Ad