夜のお伽噺

アルのオリジナル小説置き場です

原生生物の恋


その奇妙な生き物が、僕の部屋に現れるようになったのは、おそらく梅雨どきの雨の夜だったと思う。子供の頃は夢と現実の区別が付かなかなくて、作り話だと思われても構わないが、僕は忘れることができない。この間の理科の授業で見た、顕微鏡の中で体の形を変えながら動くアメーバーのような、細い管のような筋が透ける半透明の生き物は、明りを消した湿った部屋の闇の中を縦横無尽に浮遊し、何を思ったか、ベッドに横になっていた僕の手の甲にぺたりと張り付いた。
驚いて声を上げた気はする。粘着質の湿り気が手に広がり、生暖かい舌でゆっくりと舐められているような心地に、しばらく治まっていた自家中毒の発作が起きたと諦めたが、発作とは違う身体の変調に、僕はその生き物を手に乗せたまま、腕に鳥肌が立つのを見ていた。

次の晩、夜の闇から舞ってきた奇妙な湿ったぬくもりは、腕から首筋、胸に伸び、ゆっくりと身体全体を覆い、そのくすぐったいような感覚に耐えていると、アメーバーの毒に当てられたのだろうか頭の芯が痺れだし、身体から何かが染み出るような甘さと、浮遊感に昏睡してしまった。
あれは憂鬱な雨が降りしきる晩、首筋に鳥肌が立つのを感じながら、いつものように生ぬるい感覚に身を委ねると、トイレに行きたいような気分になり、お尻のまわりを覆った粘着質が痙攣するように動いた。その瞬間、僕の背筋に熱く甘美な刺激が走った。朝起きるとパンツの中で、アメーバーがいた校庭の池と同じ生臭い匂いがした。


地元の中学校が荒れていたことが理由で、母の強い希望に従い、僕は学区外の中学校へ通うようになった。知った仲間も友人も誰もいない中学で、見るもの聞くものすべてが慌しく過ぎていった。進級に伴うクラス分けが行われ、新しい同級生の顔を覚えた頃、僕と同じように学区外から登校する樋口君と親しくなった。お互いに一人っ子だったことや、線が細く青白い顔の樋口君は幼い頃から喘息を患い、自家中毒の僕とは、病弱な者同士の、仲間意識が働いたのかもしれない。
中学生になり、少しずつ体質が変わったのか、僕は自家中毒のきつい症状が出ることはなかったが、樋口君は時々発作を起こしては学校を休んだ。持病から外で遊ぶことが、あまりなかった樋口君は大変な読書家で、成績も優秀だっただけでなく、音楽、芸術、芸能ゴシップまでにも精通していて、その博識に僕は舌を巻いていた。

病気の子供特有の妙にませた考えと、大人顔負けの医療知識は、僕と樋口君を普通の友人以上の関係にすることに時間は掛からなかった。長い間に受けた治療の隠れた副作用のように、子供ながらの、性別を無視した淫靡な種を発芽させていた。糊の利いた白衣の硬さとアルコールの匂い、聴診器の冷たさ、注射針の妖しい輝きと身体から伸びた薬液のチューブ、それらが身体に被虐の恐怖と密かな性への興味を目覚めさせていた。

クラスの男子で盛り上がった、思春期特有の猥談が尾を引き、僕と樋口君は、人気のない放課後の図書室で密談した。アメーバーのような、ぬるぬるとした粘液質に身体が覆われて、夢精してしまうことを冗談めかして話した僕に、樋口君は目を丸くして興味を示した。
その様子を根掘り葉掘り聞きたがる樋口君に閉口する僕の苛立ちを感じとり、罪悪感に苛まれたのか、樋口君は病院のベッドの中で、自分と瓜二つの全裸の少年に、点滴をぶら下げて身動きできない身体を押さえつけられ、勃起した性器を虐められ、紙おむつの中に夢精してしまったことを、恥ずかしそうに告白した。
思いかけない樋口君の告白に甘酸っぱい気分にさせられたことは言うまでもない。秘密の告白に魅了させた僕たちの仲は急速に縮まり、お互いの性の微熱を意識しだし、下校途中に二人だけの場所を見つけては、僕も樋口君も言葉にできないきっかけを探り合っていた。

季節はずれの嵐の到来で、急激な気圧の変化に喘息の発作を引き起こした樋口君に僕は慌てた。激しく咳き込み、呼吸困難に陥った樋口君は、助けを呼ぼうとする僕の腕を掴み、頭を何度も横に振った。言われたとおり樋口君の鞄から吸入薬を取り出し、うずくまる樋口君の背中を擦り、震える唇に吸入器を咥えさせた。苦しさに切羽詰った樋口君に翻弄され、寄り掛かる身体を抱え込み、発作で硬直した樋口君を撫でてあげた。
しばらくして薬が効いたのか、嘘のように発作が治まった樋口君は何度も深呼吸をすると、目を潤ませ、僕の身体に抱き付き唇を塞いだ。突然のことに驚いたが、吸入薬のほろ苦い息に触発された、僕の股間の上を彷徨う、樋口君の細い指を拒むことはなかった。染み出した粘液で腿が濡れるのがわかった。



続きを読む
スポンサーサイト

FC2Ad