夜のお伽噺

アルのオリジナル小説置き場です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「懐旧の家」 ルームシェア

レンは家の解体が始まったのを見ていた。
すべての窓が外され、ぽっかりと開いた玄関の奥には、ケイと過ごした共同生活を物語るものは何もなかった。
初秋の晩、虫の音に耳を澄ませ、泣き腫らしたケイの痛ましい姿、悲しみを乗り越える気丈さと裏腹に見せた寂しさ、ケイへの想いを募らせ、初めて知った恋愛の悦びと愛の重さ。
すべてが、もうそこには無かった。二人で過ごした居心地の良かった家が抜け殻のようだった。

屈強な青年が屋根に登り、二人の思い出を剥がすように瓦をトラックの荷台に投げ落とし、瓦の割れる音が胸に刺さり、寂しさが増した。
唸りを上げた重機の破壊音に、居た堪れなくなったレンは両手をポケットに突っ込み、振り返ることなくその場を後にした。



濃密な夜を過ごし、冷めぬ熱の塊を持て余し散歩に出かけた晩秋の朝、人影もなく静かな朝靄が煙る野川公園は、濡れた落ち葉が歩道に張り付き、木の葉の絨毯が続いていた。
落ち葉を踏む足音が止まり、ケイの唇に微笑が滲み、すぐにそれはレンに伝染り、目が合った。
伸ばしたレンの手にケイの指先が触れ、握り合った手の温もりに二人の白い息が溶け、小さく唇を重ねた。ケイの帰宅を待ちわび、玄関の開く音に駆け寄り抱擁した夜、レンが作った夜食を嬉しそうに頬張る、ケイの笑顔に癒された。
冷えた身体を小さな浴槽で温め合い、ケイのベッドで身体を重ねた。ケイの瞳と唇が濡れて輝き、柔らかくした指と唇で言葉少なく愛を語り合い、結んだ二人の身体が愉悦の飛沫を上げた。

小さなスケッチブックをベッドに持ち込み、描写したケイのたおやかな肢体、二人だけの秘密の線描画が一枚、二枚と増え、馴染んだ身体が二人の深い絆を結んでいった。


クリスマスの夜、ケイは手作りのノエルケーキを、レンは金色の小さな額に飾った二体のテディベアの絵をプレゼントした。
髪を飾り、大輪の菊を咲かせた羽織を素肌に纏い、遊女のように変身したケイにレンは見惚れた。
妖しく潤んだ瞳がレンを蕩かせ、狂おしいまでの口付けが二人を煌めく聖夜に誘った。
肌蹴た衿元から覗く艶めかしい乳首、見たこともない濃艶なケイの下着姿に、愛を募らせたレンはケイの上で身体を弾ませた。
二人は深い繋がりが導いた、激しい絶頂に波打つ身体をきつく抱き締めた。
ケイは何かに取り憑かれたように、引いてしまいそうなレンの昂りを強引に引き留め、身体を丸めては、レンの強張りを何度も求めた。
そして悲哀を帯びた絶頂の辛い呻きを上げ、レンとの別離を口籠り、涙ぐんだ。

「――レンさん、僕、見習い先が決まった」
「えっ……4どこに?」
「都心のホテルの厨房に。年が明けたら、すぐに先方と話を積めることになって、卒業前に、ホテルの社宅に住み込むことになると思う・・」
「ケイ、良かったじゃないか、やったな!」
いずれは、共同生活が終わることを二人は覚悟していた。
それは、二人の絆を揺るぎないものにする、乗り越えるべき試練でもあり、二人の新しい関係を築く、前向きな過程に過ぎないことは判っていた。
それでも、目の前に迫ったケイとの別れにレンは隠し様のない寂しさを感じたが、学校推薦に選ばれ、見習い先を決めたケイの名誉をレンは称え、素直に悦んだ。

「レンさん、しばらく会えなくなると思う」
潤んだ瞳から大粒の涙が零れケイの頬を濡らした。
「泣くなケイ、心配……するな」
レンは言葉の震えを懸命に堪えた。
「愛の告白なんて、歌の歌詞だけのことだと思っていたよ。でも、でも……」
「ケイ、愛してる」
「レンさん、愛してます」

レンは力を無くしたケイを懐に引き寄せ、レンの胸の中で泣くケイの髪を優しく撫で、涙で霞むケイの姿に唇を噛み締めた。


続きを読む
スポンサーサイト

ルームシェア 9

風呂での余韻を残したまま、レンとケイは濡れた身体を拭くのももどかしく、ケイのベッドに倒れこんだ。
桜色に染まったケイの濡れた身体が、真っ白いシーツに映え、匂い立つ色香は、妖しいまでに艶めかしかった。

しばらく前、レンは気に入った絵を舐める男の話を聞いたことがあった。
描いただけじゃ物足りなくて、お気に入りの作品と親密に関わりたいと願望する男。レンはケイの裸体を描きながら、その男の気持ちが痛いほど判った。
カンヴァスに唇を付けることはしなかったが、握った絵筆はレンの身体の一部となり、カンヴァスを舐めた。
悩ましい妄想に無言の叫び声を上げ、髪を掻きむしり、気を落ち着かせると、また筆先に神経を集中させた。ケイへの愛をすべて塗りこみ、出来上がった作品は満足できるものだった。
その作品を見たケイは、激しく感情を揺すられ、泣き崩れ、生まれてから、これほど愛されていると感じたことはなかった。
抑えようのない昂りと嬉しさに、ストレートなレンに、求め押し付けてはいけないと、一線を引いていた行為を口に出し、頷いたレンは抱きついたケイを優しく抱き締めた。

傷心旅行の旅先で、改めて知った友情と敬愛、そして同性同士の性行為。
人を初めて好きになり、その相手がたまたま同性だったことに、レンは何の偏見などなかった。
しかし、ケイ以外の同性に想いを寄せることなど決してないことは判っていた。ケイだけが、腕の中で震えるケイだけは特別だった。

ケイの部屋で、羞恥心に震える手で渡された、秘密の化粧ポーチの中身はどれも封が閉じ、新しい物だった。
いつか二人の行為を夢見て、買い揃えていたのだろう。
レンは自分を信頼し、すべてを曝け出した、隠し立てのないケイが狂おしいまでに愛おしかった。レンは嫌な顔をすることなく、それを受け入れた。
すぐに愛する人を包み入れることの出来ないケイの苛立ちと悲しみ、苦痛に歪む、見せてはいけない醜態。それでも風呂場でのレンの愛情溢れる行為に癒され、ケイは自分の愚かな願いをレンにぶつけたことに後悔はなかった。

レンは目の前にある何物にも代えること無い悦びに、ゆっくりと手を伸ばした。
頬から顎、首、肩、胸に指をなぞっていく。ケイは微笑み、身体を震わせる。そのまま二人は、飽きることなく睦み合った。
互いの唾液を啜り、体液で下腹を濡らし、声を上げ、勃起した陰茎を擦り合わせては、束の間の一体感に二人は酔いしれた。
身体を下にずらしたケイは、レンの脈打つ陰茎を唇に収め、レンの引き締まった尻臀を撫で、抱え込んだ。

高まる性感に喘ぐレンの性器は、ケイの口の中で暴れ、溢れる欲情の体液が喉を刺激し、ケイは嗚咽を堪えた。
快感の頂が見えてしまいそうなレンは、ケイの唇から逃れ、激しく陶酔するケイを引きずり上げ、抱き締め呟いた。
「ケイ、君のすべてが欲しい。もう我慢できない」
「レンさん、僕、男であることが辛い。女の子だったら……」
ケイは今日ほど自分の性別を厭わしく思ったことはなかった。
「ケイ、俺は君が好きなんだ。性別なんて関係ない。へんな好奇心で言っているんじゃない」
「レンさん、僕のこと嫌わないでくれますか。汚い身体だって、嫌いにならないでくれますか」
唇を震わせ、瞳を潤ませるケイ。

「ケイ、好きだ!」

続きを読む

ルームシェア 8

「実は、三日も風呂に入っていないんだ」とレンは頭を掻いた。
照れ臭さに頭を掻くのではなく、頭を掻くことにレンは照れていた。
それはケイと一緒に風呂に入りたいという、レンの意思表示でもあった。ケイは風呂釜に火を入れ、部屋に戻るとレンの手を握り、自室に誘った。

レースのカーテンを引いた夕暮れを待つ静かなケイの部屋は、キンモクセイの甘い香りがした。
整頓された棚には料理の本が並び、二体のテディベアが仲睦ましく肩を寄せ合い座っていた。二人は立ったまま抱擁し身体を撫で合い、ベッドの淵に身体を寄せ、唇を啄んだ。

ケイはレンのジーンズを撫で上げ、レンをベッドにそっと押し倒し、身体を絡めた。
シャツの裾から忍ばせたケイの柔らかな手がレンのわき腹から胸を伝い、レンもケイのシャツをパンツから引き抜き、滑らかなケイの背中を撫でた。
二人は伊東から戻ってから、初めて今日、お互いの素肌に触れることが出来たことに、安堵と悦びの溜息を吐いた。
隙間をなくした二人の唇から甘い吐息が洩れ、蕩け出した欲情を擦り合わせ、二人の興奮を煽った。


風呂の沸いたチャイムが遠くに聞こえ、二人の唇が惜しむように糸を引いて離れた。
ケイはベッドの下の引き出しから、イングリッシュローズの化粧ポーチを取り出し、恥ずかしそうに俯きながら、その中身をレンに託した。
ポーチの中身にレンは目を見張ったが、浅薄な性知識を総動員したレンは、すべてを受け入れるための、愛する二人の特別な前戯だと納得した。
羞恥心で赤らむケイの頬を優しく撫で、火照る耳朶に唇を寄せ、ケイの願いを受け入れた。ケイはベッドに置いたレンの手に手の平を重ね横になり、背中をレンに向けた。膝を抱えるように背中を丸めたケイのパンツのスナップを外し、浮かせた腰からパンツをゆっくりと太腿まで脱がせた。露になった艶のある下着に包まれたケイの丸い尻臀は、まるで果実のようだった。
その余りの芳しさに思わず手が伸び、その滑らかな肌触りにレンは唸った。
レンは果皮を剥くように腰周りに張り付いた下着を腿の付け根まで捲り、ひんやりとしたゼリーのような果肉を手の平で味わった。ケイは息を詰らせ、レンの愛撫に身を委ねた。

ポーチに仕舞われた女性用の秘密の品々、見覚えのある小さい方の薬包を破り、取り出した無花果の実を摘んだ。
何度も念を押すレンにケイは曇った声で頷き、身体を投げ出したケイの柔らかな果肉を握り、隠れていた果実の萼のような窪みに細い嘴を差込んだ。
それは、これからのケイとの性行為の疑似体験のような気がした。嘴を自分の性器に見立て、ケイの身体を貫き、薬液の注入は射精を連想させ、レンは異常な興奮に身震いした。
自ら下着とパンツを戻したケイはレンの身体に噛り付き、荒れ狂う嵐のような口付けでレンの顔中を濡らし、レンもそれに応えてケイの身体をきつく抱き締め、背中を擦った。レンの股間に手を這わせたケイは、ジーンズの上からレンの力強い興奮を感じ取り、嬉しい、と声を大きく震わせた。
レンの腕の中で疝痛に全身を戦慄かせ、混濁した意識で、レンへの想いを囈言のよう口走るケイが憐れで愛おしかった。

続きを読む

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。