夜のお伽噺

アルのオリジナル小説置き場です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーダー 後編

安易な造形が、思い浮かんだが、Y氏の求めるものとは懸け離れていた。ドアノブの形状からすれば、件の彫刻師が彫ったものでもいい筈で、僕が真っ先に思い浮かべたもの、それに近いものだった。
しかし、Y氏は何故、そのような物を作らせる気になったのだろう。Y氏には悪いが、男性器それも勃起した形状など、誰が聞いても悪趣味だと言うだろう。
別荘の一部屋に設えると言っていた。そこはY氏のプライベートな部屋であることは違いない。来客は一切、立ち入ることのない部屋。逆に言えば、Y氏と親密な関係がある人物だけが、立ち入りを許される部屋と解釈したほうが、自然だ。

ホテル住まいが板に付いたY氏には、家族がいるような雰囲気はなかった。
だからだろう、身の回りのことは、あの青年に任せていると言っていた。あの妖艶な容姿の青年に、何もかも、すべてを。
まさか、まさか――僕の邪推だろうか……
二人の関係は、僕の想像を超えたものだろうか、いや、間違いない。恋愛経験など無いに等しい僕は、今のところ同性愛者ではないつもりだが、気が付けば、僕もあの青年の不思議な魅力に惹かれているのだから。
僕は自分と青年との関係を夢想し、彫刻刃を握った。


反り返る陰茎を逆手で握る、僕の五本の指。曲げた人差し指が陰茎の腹を支え、曲げた親指の爪先を陰茎の背に食い込ませた。
手の平の中で、細い血管を浮かせた胴に中指と薬指を絡ませ、小指を敏感な亀頭冠に掛けた。
手首の付け根から食み出した、研磨した亀頭の先端から垂れた体液の雫を彫り、陰茎を握られた青年の欲情を入魂した。
そして、情念の炎のようにデフォルメした陰毛でドアのシリンダーを隠すつもりだったが……



注文を受けて早、3ヶ月が以上経っていた。マスターの好意で、バイトは休ませてもらっていたが、Nさんから別荘が竣工したことは聞かされていた。
僕は彫り終えたばかりの作品を梱包し、重い足取りで、Y氏の待つホテルへ向った。
通された応接間で僕は震える手で、梱包を解き、出来上がった作品をY氏に詫びた。

「Yさん、申し訳ありません。僕には出来ませんでした」
「どういうことでしょうか」
作品を前にして訝るY氏に、言葉を続けた。
「お約束したドアノブ、作ることが出来ませんでした。言い訳ではないんですが……」
「勿論、はじめはドアノブを念頭に刃を入れていました。でも、でも彫り込んでいくうちに、自分の想いが強くなって、ご注文のものとは、どんどん懸け離れて、許してください」

「顔を上げてください。素晴らし作品ではないですか、見事です。私こそ、貴方に謝らなければなりません。破廉恥なことをお願いして、申し訳ありません」
「お作りいただいた作品、一目見ただけで、気に入りました。前に見せて頂いた「手首」以上に、私は惹きつけられています。感謝しています」
「ぜひ、私にお譲りください」
Y氏の社交辞令だとは、分かっていた。子供の僕を叱りつけることは、出来なかったのだろう。僕はもう一度、頭を深く下げ、逃げるように部屋を飛び出して行った。


続きを読む
スポンサーサイト

オーダー 前編

バイト先の酒場の、グラス棚の一番手前に置かれた、マスターの還暦祝いに彫った、柘植のイナゴが事の発端だった。
出来栄えは、自分なりに自信はあったが、大層、喜んでくれたマスターは、すぐに店に飾ってくれた。それに目を留めた常連客の建築家Nさんに、マスターは僕のことを息子自慢のように語り、カウンターにいた僕は、少々照れ臭かった。

数日後、マスターを介してNさんより連絡を貰った。聞けば、今、請け負っている工事の依頼主から、特別な注文を受け困っているとのこと。仲間の彫物師に頼んではみたが、出来上がった作品は、依頼主に気に入ってもらえなかったそうで、上客である依頼主の機嫌を損なうことは許されず、困っていた矢先、イナゴを見たNさんが、事も有ろうに、僕に彫刻の依頼をしてきたのだった。
彫刻科に在籍するとは言っても、一介の大学生に、プロの彫刻師よりも良い物が彫れる自信はなかったが、常連客の頼みを無下にするのは心苦しく、Nさんは詳しいことは話さなかったが、一度、僕の作品を見たいと所望する依頼主に会うことを承諾した。


訪問したホテルのドアを開けたのは、顔立ちの整った青年だった。綺麗にセットした栗毛色の髪、透きとおるような白い肌、柔らかな物腰、正直、青年の声を聞くまでは、性別の判断が難しかった。その中性的な雰囲気に気後れがした。
都心のホテル住まいなど、小説の中のことだと思っていたが、実際に会った依頼主Y氏の、住み慣れた様子に驚かされた。さらには、僕のような子供に対して、腰の低い紳士的な態度に恐縮してしまった。

東京の街並みが見渡せる、素晴らしい眺望の応接間に案内され、僕は持参した自分の「手首」を模した作品を、クッション材を拡げたテーブルの上に置いた。
興味が惹かれたように前屈みになったY氏は、真剣な眼差しで作品を見詰め、僕に許しを請うと、壊れ物を扱うように、そっと両手に取った。木肌の感触を確かめるように撫で、緩く曲がった五本の指を一本ずつ愛でるように摘んでは細部に目を凝らし、僕はまるで自分の手を触診されているような、不思議な感覚に見舞われてしまった。
Y氏は口ごもった唸り声を上げると、作品を丁寧にテーブルに戻し、口を開いた。

「失礼ですが、ご自分の手がモデルですか?」
「はい」
「何か柔らかな物を握っているような造形ですが・・」
「ええ、小鳥を握っています」
「小鳥?」
「実家で飼っている文鳥を。怖がるので、きつく握るわけにはいけません。と言って、逃がすわけにもいきません」
「おっしゃること、よく分かります。飼い主の愛情が伝わってきます。どうぞ、楽になさってください」
緊張した僕の態度を気遣うように、Y氏はルームサービスに運ばせた紅茶を僕に勧めた。

「ご存知かと思いますが、Nに別荘の改装を頼んでいます。実はその一部屋に合わせた、ある物を作って頂きたいのです」
「ちょっと、待ってください。僕はまだ、学生で、見習いの分際で……」
「貴方のことは、Nから聞いております。若くて才能がある方だと。見事な作品を見せて頂き、Nの言っていたことが良く分かりました。ぜひ、貴方にお願いしたい。
お話を伺って、その想いを強くしました」静かな物言いだが、断る隙を与えないようなY氏の鋭い目付きに、たじろいたが、作品を評価してくれた嬉しさも手伝い、依頼品を聞くことにした。

「ある物とは何でしょうか」
「ドアノブです」
「ドア・ノブ?」
「ドアの取っ手です。男根の形をした」
「ダンコン?」
「男性器です。それも勃起した」
「えっ!」余りの驚きに目を見開いた僕は、言葉をなくした。



信じられない依頼に、茫然自失した僕は、ホテルから自宅のアパートまで、どのように戻ったかも、思い出せないほど衰弱していた。
部屋に入るなり、ベッドに倒れこんだ。目を閉じると、無理な注文を何度も詫び、深々と頭を下げるY氏の真摯な姿が浮かんだが、気になるのは、僕を部屋に招き入れた、あの青年のことだった。
妖艶と形容してもいいだろう、その容姿容貌だった。Y氏は身の回りのことを手伝わせていると僕に紹介したが、どういう関係なのだろう。彫刻師の作品は、単なる張り形で、満足できる物ではなかったと言っていた。
求めるものは、性具ではなく、妄想を掻き立てるようなものだと言っていた。僕の「手首」のような、色々な想いが、感じ取れるような作品だと。

Y氏はすべてを僕に任せると言っていた。納期も問わないと言っていた。僕に彫れるだろうか。
僕はいつまでも天井を見詰めていた。

続く。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

背徳

ミッションスクールの制服から伸びた華奢な手脚、漆黒の髪、清純な顔立ちからは正反対の妖艶な表情を僕に向け、僕の切望を許し促す。顔を見合すことを恐れ、決め事になった後背位の繋がり。罪悪感にさいなまれながらも、背徳行為ゆえの強烈な興奮に惹かれ、引き寄せられ、お互いの肉体を求め合う。
高まる快感に少女は恥骨をシーツに擦りつけ、その刺激に僕はすぐに我慢できなくなって、涙声でオーガズムの許しを少女に請う。艶付いた吐息を漏らし、浮かせた少女の尻臀が、僕の性器を根元まで咥え込み、僕の射精と同時に収縮を繰り返す。全身を戦慄かせ、深いオーガズムを迎えた僕と少女は、ベッドの上で身体を崩し、意識が遠のいていった。

時間にしてどれくらい眠っていただろうか。息苦しくなって目が覚めたようだ。呻き声を出したかどうか、自分でもわからなかった。僕はベッドの上に、うつ伏せの姿勢で横たわったまま暗い闇の中で目を開けた。
袖丈の短い制服の、ささくれた裏地が、突起が収まらない乳首を刺激し、折りひだをプレスしたスカートは乱れ、腰まで捲くれていた。伝線した黒いパンスト、穿き古された下着、その大切な下着を汚すことを怖れ、着けた避妊具は下着の中で潰れていた。
僕の性器を模ったディルドは、まだ身体の中で、その存在感が消えることは無かった。

大学進学で家を出た姉の置き土産だった。処分するはずだった姉の衣類を僕は密かに隠した。姉に憧れていた。いや、正直言えば姉が好きだった。初めて異性を意識したのは姉だった。美人の姉に言い寄る男は数知れなかったが、そんな姉が自慢でもあった。
僕は姉のすべてが知りたくて、姉の部屋に忍び込んでは秘密を探った。箪笥に綺麗に畳まれた下着の柔らかな手触りに酔い、引き出しの奥に仕舞われた生理用品に姉の女を痛いほど実感しては、膨れ上がる背徳の妄想が僕を苦しめた。重ねたジーンズの間に隠した紙袋から、男を挑発するような小さな下着を見つけた時は、驚きと嫉妬に狂い、些細なことに難癖を付けては、姉に突っかかっていた。抑えようのない気持ちの昂りが、善悪の判断を鈍らせ、洗濯籠から姉の汚れた下着を部屋に持ち込んでは、欲望を宥めるまでになってしまった。

姉の温もりと匂いに触発され、惑乱した僕は、いつしか姉の下着を身に着け、自分の身体を姉の身体に置き換えることを覚え、愚かな妄想を誤魔化した。髪を伸ばし、姉の通っていた美容室に出掛けては、髪型を真似、滑らかな素肌を得るために脱毛を繰り返した。さらには、自分の性器と同じサイズのディルドを手に入れ、姉の身体の芯まで浸潤する、疼きを慰める術を会得し、背徳の暴走に歯止めを掛けた。

ベッドの上で身体を「く」の字に大きく曲げた僕は、宝物のパンストと下着をそっと膝まで下ろし、お尻から飛び出しそうになったディルドを深く挿し込み直し、勃起した性器に姉の指を絡めた。
「姉さん……」
「姉さん!」
はだけた制服からこぼれた乳首を抓られ、痛みにも似た鋭い刺激で身体を捩らせ、苦悶の呻き声を上げる姉は、身体の奥で暴れる僕の分身を深く吸い込み、狂ったオーガムズに全身を引きつらせた。
ゆっくりと弛緩した姉の身体から僕の分身がシーツの上に抜け落ち、僕は姉の胸を抱き締めた。そして姉は、上気した頬を伝わる歓喜と絶望の涙を枕で拭い、慈愛に満ちた微笑を僕に向けた。


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。