夜のお伽噺

アルのオリジナル小説置き場です

アルの徒然噺

経費削減のせいか、それとも業務の効率化でお客を待たせることが無くなったのか
どこの銀行も窓口の待合に雑誌を置かなくなりましたねぇ。
しかしながら、私の利用する信用金庫は、新聞は勿論のこと、週刊誌、
さらには「Pen」なる趣味性の高い雑誌まで揃っていて、待ち時間も苦になりません。
今日も待ち時間に手にした週刊誌に面白い記事を見つけました。
週間朝日最新号、女性用アダルトグッズショップの代表が書いた短いエッセイ。

“エロでも中国に負けちゃったか、日本・・・”

ヨーロッパから届いたバイブの説明書に日本語がなくなり、中国語になっていたというもの。
メーカー曰く、「日本人はバイブ買わない、これからは中国」
日本で売れるのは男のオナニーグッズで、女性一人で、またはカップルで使う(?)
バイブ市場はどの国よりも小さいとのこと。
さらに中国ではアダルトグッズは健康器具と形を変え、「性文化節」というアダルトグッズの
展示会が政府公認で行われ、「祝全国性文化節!」の華やかな看板を掲げた展示会には
長蛇の列ができるほどの大盛況だそうです。

人口が日本の約10倍の中国では、単純計算すれば需要は日本の10倍なのは分かりますが、
性へのオープンな姿勢と健康を保つためには(ストレス、モヤモヤを溜め込んでは
健康に良くはありませんね)このようなモノも必要だと国が認めていることに、驚かされました。



今ではアダルトグッズとお洒落な名前に改名しましたが、以前は大人のおもちゃと
呼ばれていた頃のお話です。
当時借りていた月極駐車場に見慣れぬ物体が落ちておりました。
はて、何だろうと近づいてみると、体を大きく膨らませ、真っ赤な口を空けた
フグのぬいぐるみが転がっておりました。
つま先で突っくと、尾びれから引きちぎれた細いコードが伸び、膨らんだおなかをそっと踏んでみると、
内臓に硬い感触。

これは、ひょっとして・・

そうです! 

“しびれフグ”と呼ばれる男性用の大人のおもちゃだったのです。
すぐに正体が分かった私も私ですが(笑)早朝とはいえ、このような場所に捨てていった輩も輩。

使い込んだ形跡が無いことから、この持ち主買ってはみたものの、フグの毒に痺れるどころか、
使い物にならなかったのは明らかで、悔し紛れに市中引き回しの上、
駐車場に投げ捨てていったことは明らかでした。

まあ、この可愛いフグに股間を噛み付かれている絵を想像してみましたが、
持ち主のお立場、ご同情に耐えませんでした(笑)


長く愛玩されることなく、見せしめのように捨てられた哀れな“しびれフグちゃん”。
誰も見ていないことを確認した私は、駐車場の金網にフグの尾をねじ込み、
元気に泳いでいるように見せかけ、成仏を祈り車に乗り込みました。


こんなクダラナイお話ですが、皆様のご要望があれば、また書きたいと思います。

なくても・・・^^



スポンサーサイト

僕の誘いに驚いた顔して、小さく頷いた君。
学祭の打ち上げを二人で抜け出したあの夜。
君への好意をなかなか言い出せない僕は、君に手を握られ、
今度は僕が驚いた顔して、笑顔の君に頷いた。
あの日は、とても月が綺麗だった。

ゼミの帰り道、二人乗りした自転車で身体を寄せ合い見上げた月も。
夜の校舎のベランダで、初めてキスした時も月が綺麗だった。

二人の隠し様の無い興奮を擦り合わせ、僕の腕の中で崩れる君の華奢な身体を
抱き止めたあの晩も、月が綺麗だった。


部屋に呼ばれ、可憐に変身した君に見惚れる僕を、君は照れたように、くすっと笑った。
はにかみながら、僕をベッドに誘った君と息も吐けない深い口付けを交わし、
伸ばした指先で後戻り出来ない想いを確かめ合った。

生まれたままの姿になった僕達は、溢れる愛で身体を濡らし、はち切れそうな想いを
柔らかくした唇に告白し合った。
二人の押し寄せる絶頂を思いやりで合わせ、遠のいてしまいそうな悦びを
お互いの指で何度も引き戻しては身体を震わせ、喘ぎ悶えた。
カーテンの隙から覗く月明かりが、ベッドで微睡む僕たちを優しく包んでくれていた。


そして満月の今夜、僕のために苦痛を耐える愛しい君の手をきつく握り締め、
僕達はひとつになった。


Love won't let me wait 愛の香り


今回もフィリーサウンド繋がりで私の好きな曲を。
オリジナルは「Lala Means I Love You」をヒットさせた、
フィラデルフィア・スイートソウルのコーラスグループ“デルフォニクス”
に在籍していたMajor Harris メジャーハリス。
大甘のスイートソウルの名曲で、いろいろなアーティストがカヴァーしております。

こちらは御大ジョニー・マチスとE,W&Fのモーリス・ホワイトが見初めた歌姫、デニース・ウィリアムス
とのデュエット。この二人には大ヒット曲「Too Much,Too Little,Too Late」がございますが、
(これまたよろしゅうございます)今回ご紹介する二人のデュエットは特に素晴らしく、
聴く度にメロメロにさせられております。

歌詞も曲に負けじとエロ度全開!秋の夜長、お二人でお楽しみになる甘い夜のお供に
オススメです。

デニースの艶やかなビブラートがお二人の胸に響きますように・・

「Love won't let me wait」




機は熟し
あなたは私を抱き締める
そう、愛で私の胸は高鳴る

お願いイエスと言ってほしい
今夜はノーとは言わないで
君にそばにいて欲しくて
いろいろ想いをめぐらす

離したくない
君の部屋の窓から朝日をむかえるまでは
だって、君への愛がそうさせるんだ

明りを消して、手を握って
ふたりで飛び立とう
おとぎの国で夜を過ごすために

さあ、もう少し傍においで
僕のわがままを受け入れて
小さな僕の想いをつかんでほしい
君がこんなにしたんだから
もう我慢できない


私はあなたの愛が、とっても必要なの
あなただけが私を自由にしてくれる
あなたとの愛の営みが、二人を頂点に上らせる

それは私のせいじゃない
あなたへの愛がそうさせるの
あなたへの愛が・・
             怪訳:アル



「もう少し傍においでよ」
「僕のわがままを受け入れて」
「小さな僕の想いをつかんでほしい」
「君がこんなにしたんだから・・」

「・・・」

「あなたの想いって本当に小さいのね」
「こんなんじゃあ、ワンダーランドどころか」
「浦安にも行けやしないわ!」


お人形遊び

「お人形遊びしたことある?」
男兄弟しかいない私は首を横に振った。

花柄のシフォンのワンピースに着替え、薄暗いホテルのベッドの淵に両脚をきちんと
そろえて腰掛けるその子は、くすっと笑うと、ぴんと張ったシーツの上に仰向けになり、
私を誘った。

僕小さい頃、お姉ちゃんとよくお人形で遊んだの。
ユリちゃんて名前なの。僕テッポウユリの花が好きなの。だからユリちゃん。
細いつぼみから大きな白い花が咲いて。オレンジ色の花粉が手に付くと洗っても、
なかなか取れなくて、何だかいけないことしたような、ぞくぞくした気持ちがして好き。

お姉ちゃんは乱暴で、すぐにユリちゃんのお洋服を脱がせて裸にして玩具箱の中に
放り込むんだ。可愛そうなユリちゃん。だから僕がお洋服を着せてあげるの。
僕のお気に入りのピンクのミニのワンピースを着せてあげるの。からまった髪をとかして、
耳朶に開いた穴にガラスのピアスをはめて、お粧ししたユリちゃんを小さなベットに
寝かせてあげるんだ。

その晩は決まってユリちゃんの夢を見るの。ユリちゃんに起こされた僕は、となりで横になる
ユリちゃんの細い両腕をバンザイさせて、お姉ちゃんの髪を束ねる丸ゴムで手首を縛るんだ。
でも、ユリちゃん嫌がらないよ。だってユリちゃんが僕に頼むんだから。
それでね、両手が動かせないユリちゃんの身体を擦ってあげるんだ。優しく、優しく。

ユリちゃんの小さなおっぱいをそっと撫でてあげると、ユリちゃん嬉しそうな顔をするんだ。
エッチな気分になった僕は、ユリちゃんのワンピースをおへそまで巻くって、白い小さな下着の上から、
お股を人差し指で撫でてあげるの。ユリちゃんの身体の震えがね、指先から伝わってきて、とっても可愛いの。

脱がせて・・って、頼まれて下着をユリちゃんの真っ直ぐに伸びた脚から引き下ろすとね、
つるんとしたお股にね、僕の好きなテッポウユリの小さなつぼみが尖っているの。
嬉しくて僕ね、硬いつぼみを摘んで撫でてあげるんだ。つぼみも嬉しそうに頭を揺らせて、
先っちょが少し開いて、白い花びらを覗かせるの。

顔を近づけると甘い香りがするんだ。だから僕は香りに誘われる虫になって、つぼみをしゃぶるの。
口の中でつぼみがどんどん膨らんでね、苦しくなって唇から引き抜くと、目の前で濡れたつぼみが、
ゆっくりと開いて真っ白い花を咲かせるんだ。開いた花弁にキスした僕の口の周りに花粉が付いて、
オレンジ色のリップを塗ったようになるの。


「遊ぼ・・」


私はその子の細い両腕をバスローブの帯で背中で縛り、乱暴にワンピースをたくし上げ、
艶やかな真っ白いレースのショーツを剥ぎ取った。剃毛した股間に先端から蜜を垂らす、
ユリのつぼみに見惚れた私は、力を無くしたその子の両脚を拡げ股間に身体を入れると、
揺れるつぼみを摘み、口に含んだ。
つぼみは私の舌の上でみるみる膨らみ、長い溜息を吐いたその子は、不自由な身体を起こすと
私に覆い被さり、淡いオレンジ色のリップが光る唇を開き、私の興奮した雄しべを根元まで呑み込み、
頬を窄めた。

私は快感の呻き声を上げ、ユリちゃんの髪を優しく撫でた。

告白 (R-20)

これからお話しするのは昭和二十九年、私が十五から十八歳まで、行儀見習いを兼ねて池田山のお屋敷でお世話になった時のことでございます。
旦那様は某商船会社の取締役で奥様とお二人の御子息とお身体のご不自由な御祖母様との五人暮らし。
お屋敷には住み込みの私を含め三人の使用人と運転手がおりました。

お世話になった当初は右も左も分からなくて、箸の上げ下げまで注意されておりましたが、半年を過ぎた頃からは、言い付けられたことをどうにか賄う事が出来るようになり、私はお二人の御子息の御用を伺うことになりました。

御長男は日比谷から東大に進まれ、御次男も日比谷にお通いになる秀才でしたが、学のない私のような使用人を見下すことなどございませんでした。歳も近かったこともありますが、御次男の義明様には特に目を掛けていただきました。

週末になると義明様のご学友が訪れ、私は奥様の言い付けで紅茶と洋菓子をお部屋まで運び、お世話をいたしておりました。
御学友の中に岡部智彦さんと申す方がいらっしゃいました。
岡部様は色白の好男子で、私は密かに憧れを抱き、使用人にはあるまじき事でしたが、お庭掃除に託けて義明様のお部屋を覗き見しておりました。

その日は奥様の御供で女中頭の春子さんも外出され、誰も居ないことをいい事に、洗濯物を仕舞いがてらお部屋の窓の下にそっと身を隠しました。
そこで私が見てしまったものは生涯忘れることの出来ない光景でした。


ワイシャツ一枚になった岡部様が、下穿きを膝まで下ろし仁王立ちする義明様の前に跪き――なんと、義明様の性器を頬張っていたのでございます。
余りの事に声すら出ませんでしたが、なぜか其処から立ち去ることが出来ませんでした。
子供の私は初めて見た興奮した男性器には驚きましたが、男同士の行為に不快感を覚えることはなく、お二人の深い友情の為せることだと思いました。

恍惚とした表情の岡部様を見下ろし眉間に皺を寄せ、苦悶の表情を浮かべる義明様の胸が大きく膨らみ、岡部様の両肩を掴み突き出した腰に岡部様が抱き付き、頬を何度も窄めては義明様の精液を呑み込んだのでございます。
唇からゆっくりと引き抜かれた泡立つ性器に頬ずりする岡部様の上気した横顔。

義明様は岡部様に何事か呟くと、放心した様子の岡部様を後から抱きかかえワイシャツの裾を胸まで捲り、女子の穿くようなズロースを露にし、その異常に尖った股間に指を這わせたのでございます。
お二人の接吻に私の鼓動はさらに早まり、ズロースの脇から摘み出した岡部様の真っ赤に
膨らんだ性器に瞬きも忘れ見入った私。
性器を扱かれ女子のような仕草で喘ぐ岡部様。義明様の腕を握り締めた岡部様の身体がびくんと跳ね、破裂した性器から飛び出した精液が何度も畳を叩きました。

私は小走りに御不浄に飛び込み、生まれて初めて自分の中の「女」を意識し、激しく小水して気を落ち着かせました。
続きを読む

No Greater Love


南部のソウルミュージックを好んで聴いていた頃の私には
フィリーソウルは甘すぎて趣味に合いませんでしたが、
偶然聴いたビリー・ポールの「Don't Give Up On Us」。
曲、声、演奏がすべて良しで、かなり嵌りました。
それから遅まきながら、少しお勉強した私が手にしたのがこのアルバム。

南部のソウルミュージックとは別のスタイルでブラックミュージックの
世界を作り上げ、私を宗旨替えさせた(笑)シグマサウンドの立役者の一人
Leon Huffレオン・ハフのリーダーアルバムの1曲。
例のあの人がハーモニカを吹いております。


「僕の山のような大きな愛と」
「海のように深い君への想いを分かってほしい」

「・・・」
「愛に大きさなんてないわ」
「ストレートに言いなさいよ!」

「君が・欲しい・・」


No Greater Love




FC2Ad