夜のお伽噺

アルのオリジナル小説置き場です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懸崖 (前編)

「立ち入り禁止」とかかれた看板が掛かる金網を乗り越え、手の平と制服に付いた赤錆を叩いて落としながら、高速道路に並行する側道を道なりに進んだ。雑草が生い茂る、急な崖の淵を注意して登り、コンクリートの壁に埋め込まれた杭のような梯子を上がると、少年の秘密の場所、高速道路の陸橋の真下にある狭い踊り場に着いた。
ひっきりなしに通り過ぎる自動車の騒音と振動。険しく切り立った崖に足がすくんだ。橋の向こう側までは、100メートル以上はあるだろうか、四本のT字形をした橋脚が道路を支えていた。
少年がこの秘密の場所を見つけたのは、転校先の中学に馴染めず早退を繰り返し、時間つぶしに、町外れの人気のない林道を当てもなく奥まで歩き、「関係者以外立ち入り禁止」の標識が立った車止めに好奇心が駆られ、行き着いた先がこの踊り場だった。
環七沿いで生まれ育った少年には、頭上を走る車の騒音は気にはならなかったが、ここで少年は何をするわけでも、何かを考えることもなかった。今の少年には、何かに想いを巡らせても、堂々巡りに陥ることは分かっていていた。ただ、引き込まれそうな崖を見下ろし、はるか遠くの海岸線まで見える眺望に少年は心を奪われていた。
橋のたもとに寄りかかり腰を下ろした少年は、制服の内ポケットからタバコを引き抜き、火を点けた。

少年の母が少年と妹を連れて実家に戻ったのは今年の春、少年が中学三年に進級してすぐのことだった。父の暴力にじっと耐えていた母だったが、ある晩、ますますエスカレートする暴力を見かねた少年は父に包丁を向けたのだった。父の激高はすさまじく、取っ組み合いのけんかになり、親子で刃傷事件が起きることを怖れた母はついに別居を決意し、実家のあるここに戻ったのだった。
東京の中学校では、少年は不良を気取り、髪を染め、左耳にピアスをあけていたが、田舎の学校に転校することが決まり、母の願いを受け入れ髪を黒く戻し、ピアスは外していた。しかし、小さなピアスの穴を目ざとく見つけた同級生たちは、少年の素性を敏感に嗅ぎ分け、高校受験を控えた大事な時期にクラスが荒れることを怖れ、誰もが少年と距離を取った。担任もそれを良しとし、少年の無断早退をとがめることはなかった。

その日も登校してすぐに早退した少年は、日課のようになった、あの高速道路下の踊り場に向った。誰も居ないことを確認し、馴れた動作で金網を越えた。夜半まで降った雨で濡れた雑草でズボンの裾を汚し、たどり着いたコンクリートの壁がいつもと違うことに少年は身体を固くした。梯子に付いた泥は、今朝、誰かが踊り場に上がったときに付けたものに違いなく、まだ幾らも時間が経っていないようだった。息を殺しても、聞こえるのは自動車の騒音だけで、上で人の気配を感じることはなかったが、少年はいつにも増して用心しながら梯子を上り、コンクリートの淵からそっと踊り場を覗いた。なんと踊り場の一番奥に少年と同じ制服を着た男子が膝を抱えて座り、気配に気付いたのか、顔をこちらに向け、お互いの視線が合った。

急に出くわした野良猫どうしが、一瞬の驚きと警戒心で相手を値踏みするように、少年は男子の体格が自分より劣ることを瞬時に判別した。そして驚いて立ち上がることもせず、まるで自分が上がってくることを知っていたかのような男子の敵意のない眼差しに、少年は警戒心を緩め踊り場に立った。
癖毛の髪が耳まで伸び、二重瞼の幼さが残る顔立ち。日の差すことのない薄暗い橋の下でも、色白の肌は透きとおるようだった。

続きを読む
スポンサーサイト

懸崖 (中編)

※懸崖(前編)の続きです。こちらからお読みいただけます。

梅雨明けの真っ白い午後の陽射しで目眩がしそうだった。急に重くなった暑さが圧し掛かかり、悠は重い足取りで踊り場を目指した。クラスの中で悠の浮いた存在は相変わらずで、厄介者扱いするような雰囲気に、悠の居場所は無かった。担任からは「試験だけは受けろ」と釘を刺され、どうにか学期末試験は受けたが、どの教科も答えを半分も埋めることが出来なかった。
二年生は、試験の終わりが早かったのだろうか、修はすでに踊り場にいて、悠が来るのを待っていたような素振りだった。悠は額の汗を拭い、ズボンから出していたシャツのボタンを外し胸をはだけ、修と並んでしゃがみ込んだ。暑さに気を利かせた修は、リュックから濡らしたハンカチで包んだ冷えたコーラを悠に渡した。「やっぱりお前はパシリの素質があるな」とからかう悠に、修は戸惑いの表情を浮かべた。

「試験、どうでした?」
「どうも、こうもない。正解は自分の名前だけさ」
修はくすっと白い歯を見せたが、すぐに視線を海岸線に向け、何も話さなくなった。
「悠さん・・僕・・」
修の思い詰めた口ぶりに悠の心がざわついた。
「どうした」
修の丸めた身体が震えた気がした。
「僕・・東京に引越しすることになった・・」
「・・・」
「いつ?」
「お盆が終わったら」
想像もしていなかった修の話に、悠は言葉がなかった。

「僕、お父さんの実家がある、ここで生まれました。ずっと三人で暮らしていたんだけど、僕が小学五年のとき、お父さん癌で死んだんです」
「それからお母さん、看護師の資格持っていたから県立病院に勤めだして。きつい仕事で、時間も不規則で。東京に居るおばあちゃんに、何度も帰って来いって言われて」
「でもお母さん、お父さんのお墓があるここを離れたくないって。そしたら、おばあちゃん、あの震災から体調崩して、寝ることが多くなって」
「お母さん、すごく心配して」
「そうかぁ・・」
いままでの修との話から、修のところも母子家庭であることを悠は分かっていた。そうなった理由はそれぞれで、悠は修に一切、家族のことを聞くことは無かった。悠が聞けば、修は話したかもしれないが、悠も自分の家族のことを話さなければならなくなることは分かっていた。悠はあの父親のことを口に出すだけでも不愉快だった。
落ち着きをなくした悠は無性にタバコが吸いたくて、ズボンのポケットから引っ張り出した潰れたタバコの包みはあいにく空だった。舌打ちした悠は、悔し紛れに握りつぶし、崖に投げ捨てた。

「悠さん、これ」
驚いたことに、修はリュックのポケットからハッカのタバコを取り出し、悠に差し出した。
「お前・・」
「さっき、悠さんが来る前に、吸っていた」
「お前、タバコ吸うのか?」
「うん。小学生から中学上がっても、時々吸ってた。しばらく吸ってなかったんだけど」
修は悠のタバコを両手で覆い火を点け、溜息混じりに紫煙を吐いた悠に、自分もタバコを咥えた。眉間に皺を寄せ馴れない手付きでタバコを吸う修。修はそれ以上家族のことを話すことはなかったが、吸うことのなかったタバコが吸いたくなるほど、修の顔には苦悩の色が滲んでいた。

「悠さん・・聞いてくれますか?」
修にはまだ、口にすることの出来ない悩みがあることを悠は薄々感じてはいた。修の話は、決して良い話ではないことを察した悠は、返答に窮して口ごもった。修は、吸いかけのタバコをスニーカーのつま先でつぶし、吸殻を細かく千切りながら、言葉を続けた。
「お父さんが死んで、お母さんが働くようになって、ずっと独りでいました。食事も一緒に食べることは少なくて。今でも外で食べることが多いけど」
「お母さんの仕事、大変なのは分かっています。でも夜勤の日は怖くて寂しかった」
「小学六年生のとき、いつも行く食堂で、男の人と仲良くなりました」
「公民館の建設工事に来ていた人で、僕の持っていたDS繋がりで、ソフトを借りたり、要らなくなったのを貰ったりして」
「その日、お母さんの夜勤とお兄さんの連休が重なって、食事の後、お兄さんのアパートに誘われました」

「悠さん、やっぱり止める!」
吸殻を叩きつけ、立ち上がる修の腕を握り、悠は修を見上げた。
「修、どんな話だって驚かねえよ。聞いたからって修を馬鹿にはしないぜ」
こんな真剣な悠の顔を見たことがあっただろうか。修は悠が自分の存在を認めてくれたことに胸が熱くなった。そして、初めて自分を名前で呼んでくれたことが、なにより嬉しかった。


続きを読む

懸崖 (後編)

※懸崖(中篇)の続きです。こちらからお読みいただけます。

悠だけにと打ち明けた修の告白が胸に突き刺さり、悠も隠していた心の内を修に吐露した。誰に聞いてもらうことも出来なかった葛藤を吐き出し、昂る感情で泣き腫らした顔を見詰め合い微笑んだ。見えない力に惹かれるようにお互いの指先が触れ、修の願いに悠の望みが重なり、二人は支え合うように立ち上がった。
存在を認め苦悩を分かち合った二人には、もうこの踊り場には来ることはないと分かっていた。二人は、振り返ることもなく、無言で林道を駆け下り、悠は修に手引きされるように修の後を追った。修は誰もいない自宅に悠を招き入れ、玄関を閉めるや、悠にそっと抱き付き、火照る頬を悠の汗ばむ厚い胸に寄せた。悠も修を優しく受け止めた。

夕暮れの浴室で、生まれたままの姿になった二人。修は悠の裸に欲情した自分の幼い性器を見られることを恥ずかしがり、悠はそんな修がいじらしく、愛おしかった。股間を両手で隠し俯く修を引き寄せると、修はよろける様に悠にしがみ付き、二人は頭からシャーワーを浴びた。修の興奮した性器が身体に触れたが、悠には決して不快なことではなかった。そして、修の濡れた肌が身体に張り付き、手の平から伝わる修の滑らかな背中の手触りと臀部の柔らかさに戸惑い、修の興奮した性器に釣られたように悠も修の下腹に性器を勃起させた。
悠の興奮が修に伝わり、修は嬉しさを抑えられず悠の唇にかぶりついた。中学生同士の、それも男同士の口付けで、二人は感情の赴くままに乱暴に唇を擦り付け、どちらともなく恐る恐る舌を絡めては溢れる唾液を垂らし、ぎこちない口付けに二人は酔った。息を荒げ、立っていられないと、悠の腕から崩れ落ちそうな修の身体を悠は支えた。

濡れた身体を拭くのももどかしく、修の部屋に敷いた布団の上に二人は倒れこんだ。関係していた男の悪戯で、少女のような尖った修の乳首に悠の手が吸い寄せられ、歯痒い胸の刺激に背中を反らせ、悶える修の姿態が悠の興奮を煽った。突然、乳首に吸い付いた悠に、短い悲鳴を上げた修。修の性器がびくんと揺れ、亀頭から雫が垂れた。
悠の反り返った性器に手を伸ばし、身体を起こした修は悠の股間に身体を丸め、悠の性器を唇に含んだ。初めての行為に翻弄される悠の身体と心。目を瞑り一心に悠の性器を頬張る修。高まる性感に甘い溜息を漏らした悠は、修の濡れた髪を撫で、迫る絶頂を口にした。
「修、俺イキそう・・」
「悠さん、お願い」
修は、上目遣いで上気した悠の顔を見詰め、悠の腰を抱え込み、はち切れそうな悠の性器のすぼめた唇で扱き、亀頭を舌先で擦った。初めて他人に引き寄せられた強烈な性感。腰の奥から沸きあがる快感に悠はすぐに我慢できなくなり、絶頂の呻き声を噛み殺した悠は、身体を大きく弾ませ、修の口の中に何度も射精し、修は溢れる悠の精液を吸飲した。


続きを読む

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。